悩みが尽きない状況から抜け出す方法

みなさん、こんにちは

心理カウンセリング空の関口剛史です。

人生は悩みの連続で、悩みが尽きないものですね。

ひとつの悩みを解決しても、また同じようなことで悩み、その悩みが尽きない状態になると、悩むことに疲れて、解決できない自分を否定してしまう。

その気持ちわかります。でも、あきらめないでください。

同じようなことに悩み、いつも悩みが尽きない原因は、無意識に「悩みの種」があるからです。

そして、無意識の「悩みの種」を刈り取ることで、もうそのことで悩む必要性はなくなります。

今日は、悩みが尽きない状況から抜け出す方法についてご紹介します。

畑の雑草を刈り取る方法

悩みが尽きない状況から抜け出す方法について解説する前に、畑で雑草を刈る方法についてご紹介します。

畑で野菜を育てる事は、畑に絶え間なく生えてくる雑草との戦いです。野菜づくりでは、雑草の存在は悩み・問題となります。

悩みが尽きない理由、畑に雑草が生える

畑に入った雑草は定期的に刈り取ります。このとき、表面に出ている草だけを鎌で刈ると、地中に根が残ります。

悩みが尽きない理由、畑に雑草が生える

しかし、地中に根が残ると、雑草はそこから再び芽を出し、あっという間に生え茂り、再び雑草の刈り取りが必要になります。これでは非効率です。

悩みが尽きない理由、畑に雑草が生える

効率的に雑草を刈るには、地中にある根まで、しっかりと刈り取ることです。地中に種や根がなければ、それ以降雑草が出てくる事はありません。

悩みが尽きない理由、畑に雑草が生える

表面的な雑草を刈るのとくらべて、地中の種や根を刈り取るのは大変な作業ですが、根こそぎ刈ることで、そこに生えてくる雑草はなくなります。

表面的な雑草を楽に刈り取ることよりも、少し大変な思いをして地中内にある根や種を刈り取った方が、結果的には楽になれるのです。

これが自然の摂理です。

いつも悩みが尽きない理由

人生では、いつも同じようなことで悩み、その悩みが尽きない状況になることがあります。

「悩みのモグラたたき」のような状況で、ひとつ悩みを叩き潰しても、また悩みが現れる。いくら悩みを解決しても、いくら環境を変えても、また同じようなことで悩んでしまう。

カウンセリングを受けに来る方からも「カウンセリングを受けたあとは気持ちが軽くなっても、日常に戻ると、また気持ちが戻ってしまう」というお話をよく聞きます。

いつも同じようなことで悩み、悩みが尽きない、カウンセリングを受けても同じ悩みに戻ってしまう原因は、心の中の無意識にある「悩みの種」まで刈り取れていないからです。

「悩みの種」について、先ほどの「雑草」を「悩み」に例えて解説します。

雑草が、心で意識できている「悩み・問題」と仮定します。悩みや問題を意識することで、心は苦しくなります。

悩みの種

心が苦しいから、悩みや問題を解決しようとします。そういう時は、悩みを簡単に解決しようとしたり、問題から逃げ出したり、カウンセリングで心を楽にしたり、セミナーに通って自分を変えようとします。

悩みに対して行動を起こした結果、意識上から悩みが消えれば、心はスッキリします。この時、問題は一見解決ができたように思えます。

悩みの種

しかし、無意識の中に「悩みの種」が残っているから、また同じような悩みがでてきます。

そして、再び悩みを解決するために、表面的に問題を解決しようとしたり、また環境を変えようとしたり、何年もカウンセリングに通い続けたり、セミナージプシーになったりしてしまいます。

結局は、悩みのもぐらたたきを繰り返してしまい、大切なお金と時間とエネルギーを浪費してして疲れ切ってしまうのです。

このような状況から抜け出すには、表面的な悩みの解決ではなく、無意識にある「悩みの種」を取り除く必要があります。

悩みが尽きない状況から抜け出す方法

最初に、アインシュタインの言葉をご紹介します。

いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできません。

~アインシュタイン~

アインシュタインの言葉を言い換えると「意識が変わらないと、悩みや問題は解決できない」ということになります。

よって、悩みや問題が尽きない状況から抜け出すには「意識」を変える必要があります。

それでは、また草むしりを例にして「意識を変える」説明をします。

意識上に悩みや問題があると、心は苦しいと感じるので、その悩みを取り除きたくなります。しかし、その前に「なぜ、そのことで悩むのか?」を客観的に捉えることが先決です。

悩みの本質

問題の本質は、悩みがあることではなく、そのことが「悩み」だと感じる理由、すなわち無意識に「悩みの種」があることだからです。

悩みを客観的捉えることができたとき、悩みがあっても心は落ち着きを取り戻します。

心が落ち着いたら、次にカウンセリングやワークなどをとおして、少しずつ無意識を意識化していきます。無意識を意識化していくことで、無意識にあった「悩みの種」は自然と意識に上がってきます。

そして、「悩みの種」が意識化できたとき、それが「気づき」となり、もう、そのことで悩み続ける必要性はなくなるのです。

いつも同じようなことで悩み続けた状態から、はじめて1歩抜け出せるのです。

人生から悩みはなくならない

ひとつの「悩みの種」が意識化できれば、もうそのことで悩み続ける必要性はなくなります。

しかし、人生から悩みがなくなることはありません。ひとつの「悩みの種」がなくなると、次の「悩みの種」が無意識のなかで育ちはじめるからです。

悩みがなくなると次の悩みがあらわれる

例えば、「自転車に乗れないことが悩み」の子がいるとします。

この子は、自転車に乗る練習をして、実際に乗れるようになれば「自転車に乗れない悩み」は必要なくなります。

しかし、この子は次に「もっと遠くに行きたい」と悩むようになります。自転車に乗れないことに悩んだあとは、自転車でどこか行きたいと悩むのが人間です。

人間は希望や夢を持ち続ける限り、必ず悩みを抱えます。

だから、大事なことは「悩みが尽きないこと」に悩むのでなく、「悩み」をとおして意識を広げていく考え方を持つことです。

「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない」のだから。

まとめ

人生から悩みが尽きない本当の原因は、「悩みを解決すること」「悩みを消すこと」しか考えられていないからです。

確かに、悩みや問題は苦しいものなので、すぐに解決したくなる気持ちもよくわかります。

しかし、表面的な悩みの解決は、種を残した雑草刈りのようなもので、根本的な解決には至っていません。

悩みを抱えたときに大事なことは、「悩み」があることを問題視するのではなく、「悩み」をとおして意識を広げていく考え方を持つことだと、私は考えています。

意識が広がれば、もうそのことで悩む必要性がなくなります。逆に言うと、悩みがあることで意識は広げられるものだから。

焦らずに、少しずつでいいから、ご自身の悩みと向き合って意識を広げていきましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

意識を広げる ライフ・カウンセリング

ライフ・カウンセリングでは、無意識の中の「悩みの種」を意識にあげるワークを行っています。「悩みの種」に気付くことで、意識が広がり、もうそのことに悩む必要性がなくなることを体感できます。

体験カウンセリングを受け付けておりますので「悩み手放したい」と思われるかたは、詳細をご確認ください。

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG