お客様の声

心理カウンセリング空では「心の変化が実感できるカウンセリング」をコンセプトにカウンセリングを行なっております。

心理カウンセリングを受けたお客様の「心の変化」の感想をご紹介します。

(全てご本人の了承を頂いたうえで、掲載しております。)

心理カウンセリングのご感想

新しい1歩を踏みだすことができました。(Y.I様 30代 女性)

Y.I様

自分で自分を追いつめて、誰かに話を聞いてほしかったけど、人に相談をしたら迷惑をかけてしまうのではないかと思い、誰にも相談できずにいました。

今回カウンセリングで自分の悩みのことをかなり勇気を振り絞って口にだしたら、涙も言葉もとまらず、そしてすべてを受け止めてもらって、私は新たな1歩をようやく踏み出すことができました。


気持ちが軽くなって、挑戦したい気持ちがでてきました!(T.S様 20代 女性)

T.S様

こんにちは。

昨日は、本当にありがとうございました!

あの後は開放感からか、歌いたくなって一人でカラオケを楽しみました…笑

お陰さまで、気持ちが軽くなって、また色々なことに挑戦したい気持ちが出てきました!

まずは、自分が知らない表現方法を学んでみたくて朗読体験のイベントに申し込んでみました。日常生活にも生かせそうですし、一石二鳥です。

「てんかん」の話題については、こちらも突然のことですみませんでした 。ただ、私の人生観を形作ってきたベースでもあるので、あの場をお借りしてお伝えしようと思ったのです。耳を傾けてくださっただけでも、十分有り難かったです。

目が不自由なお知り合いのお話も、勉強になりました。まだまだ知らない世界があることを実感し、初心にかえった気持ちになりました。

ご丁寧なフィードバック、ありがとうございます!

「きゅうり」と「かぼちゃ」とても分かりやすくて印象に残りました。腑に落ちることって、とても大きな影響力があるのですね。

自分にはまだできることがあるはずだ、そんな、前向きな気持ちになれました。

生きていく上でこれまで以上に悩むこともあると思いますが、昨日教わったことをヒントにしながら、逞しく生きていきたいと思います!

関口さんのご活躍、心より応援しています。

一人でも多くの人の人生が、明るくなりますように。

本当にお世話になりました!


悩んでいることの確信に近づくことができました。(R.S様 30代男性)

R.S様

カウンセリングでは、いろいろと自分の気持ちを話すことができ、また、悩みごとを書き出して書きなおすというワークをすることで、自分が本当に悩んでいることの確信に近づくことができ、とても良い体験ができました。

また時間を見つけてお話をしに行けたらと思います。どうもありがとうございました。


ここまで気持ちの変化があるとは思ってもみなかったです。(M.M様 20代 女性)

M.M様

先日はカウンセリングで悩みを聞いて下さり、ありがとうございました。

昨日の夜中、主人がこっそりと帰ってきていたので勇気を出して話をしてみました。

「私は変わるんだ」

「100のうち1でもいいからチャレンジ」

「相手はどんな反応をするだろう?」

と、日々考えていたお陰もあってか、顔を見るだけでもあんなにイライラしていたのに、話をしても全くイライラしませんでした。

むしろ、主人の話を聞きながら「私が想像した通りの考え方だ」と思えて、話を聞けば聞くほど面白くなってしまいました。

この数日で私が自分を変える努力をしたこと、考え方が変化してきたこと、関口さんとお話ししたことをオブラートに包みつつ話し、互いが意見を言い、少し理解し合えたと思います。

カウンセリングを受け、主人と話をしてみて、ここまで気持ちの変化があるとは思ってもみなかったので、嬉しい限りです。

小さいけれど、私にとっては大きな1歩を踏み出すことができました。

これからも互いを理解し合えるよう、コミュニケーションをはかり、より良い夫婦関係を築いていきます。

本当にありがとうございました。


辛い気持ちやモヤモヤが少しスッキリとしました。(S.U様 20代 女性)

S.U様

先程、心理カウンセリングを受けましたS.Uです。

本日は本当にありがとうございました。

最初はカウンセリングを受けることに少しの不安はあったのですが、本当に今日来てよかったと思いました。

自分の状況や行動もほとんど無意識のことで、他の人に言っていただくと確かに納得できました。

人に言えずに小さなことですがとても悩んでいた辛い気持ちやモヤモヤが少しスッキリとしました。

後はIメッセージを自分でやっていき状況が良くなったそのときはスッキリと晴れると思うので、その時を目指して頑張ってみます。

本当に今日はありがとうございました。

カウンセリングを受けるにあたって勇気がいりましたが、あっという間の2時間でした。(K.T様 30代 女性)

K.T様

こんばんは。

本日お世話になったK.Tです。

カウンセリングを受けるにあたって勇気がいりましたが、関口さんの親しみやすい人柄のおかげで、自然体でリラックスして話すことができ、あっという間の2時間でした。

日記を続けて、欲張らず、焦らず、今できることを少しずつ積み重ねていきます。

関口さんのおかげで心のデトックスができました。

また機会がありましたら、よろしくお願いします。

寒い日が続きますので、お体お大事になさってください。

ありがとうございました。

ライフ・カウンセリングのご感想

「不安やこわさを前向きな気持ちに変えられるようになりました。」(S.T様 20代 女性)

S.T様

私は何年か前から自分がうつのような状態になってしまっていることに気づき、なんとかこの状態から抜け出したいと思っていました。

毎日漠然とした不安や怖さがあり、目標に向かって頑張りたいと思ってもなぜかやる気が出ないという状態でした。

そんなとき関口さんの心理カウンセリングを受けました。

心理カウンセリングは1回だけだったので気軽な気持ちで受けたのですが、気持ちが軽くなるのを感じ、ライフ・カウンセリングにも興味を持ちました。

しかし、ライフ・カウンセリングは金額も高く時間もかかるので、受けようと決断するには少し時間がかかりました。

私は、以前にも別のところでカウンセリングを受けた経験があり、そのときは受けている間は良くなったように感じたものの、結局またもとに戻ってしまいました。

その経験から「ライフ・カウンセリングもお金がかかるだけで結局効果がないのではないか」と疑う気持ちもありました。

しかし、今ライフ・カウンセリングを受け終わり、関口さんのカウンセリングを受けることができて本当に良かったと思えています。

このカウンセリングを受けて、私は今まで自分を苦しめていた考え方の癖、自分の本当の気持ちに気がつき、少しずつ視点を変えて前向きに生きることができるようになりました。

自分を変えるのはとても難しく勇気がいることですが、ライフ・カウンセリングはそれを無理なくさせてくれる素晴らしいカウンセリングでした。

まず、毎日日記を書くことで起こった出来事と自分の気持ちを整理して考えることができるようになりました。

3回目のカウンセリングでは日記をもとに「心の展開図」を書きました。

書くことで、私は周りの人からどう見られるかということや、他人と競争することを考えて不安や焦り怖さを感じていたのだと気がつきました。

そして、周りとの比較ではなく、自分の勉強そのものに興味を持ち純粋に楽しみたいと思いました。

そのためにできる小さな一歩を考え、次のカウンセリングまでにそれを実際にやってみました。

すると前に悩みだと思っていたことが、悩みとは感じなくなっていきました。

4回目のカウンセリングでは、私はわからないということを受け入れられないときがあることに気がつきました。

わからないことを受け入れ、人に聞いたり調べたりして、次に生かすことが大切だと気づいたことで、わからないことがあったときにそれを受け入れることが少しずつできるようになりました。

5回目のカウンセリングではコミュニケーションについて考えました。

私は緊張してしまいうまく話せないと思うことがあり悩んでいました。

カウンセリングでは、人と楽しく話せるようになることを目標にどんな小さな一歩を積み重ねていけばいいかを考えました。

小さな一歩を積み重ねていくなかで、自分の気持ちを素直に伝えることができるようになっていき、前に話すのが苦手だと思っていた人とも今では自然なコミュニケーションが取れています。

コミュニケーションを取ることを楽しいと感じるようにもなりました。

ライフ・カウンセリングを受ける前は、自分はうつでなにかもやもやしたうつ独特の気持ちが自分の中にあるから、私はがんばりたくてもがんばれないのだと思っていました。

うつを病気のようなものだと思い、自分でどうにもできないものだと感じていました。過去を思い出し嫌な気分になることも多かったです。

しかし、ライフ・カウンセリングを受けて、自分の気持ちを整理して、自分がどうありたいかに気づき、そのためにできることをしていけば自分で不安やこわさを前向きな気持ちに変えることができると気がつきました。

これからも悩みは出てくると思いますが、自分でそれを解決する方法を学べたので、悩んで落ち込み続けるのではなく、成長し続けていけるのだ思うと、とても嬉しいです。


もう、あの悩みなど忘れてしまいました。(T.F様 40代 女性)

T.F様

ライフ・カウンセリングを受けた理由は、自分を変えたい、変わりたい、苦しみから逃れたい、少しでも前向きになりたい、からでした。

毎日、日記をつけるようになり、自分は何も感じず考えず、実際には変えようとすらしていないことに気が付きました。

感謝できることが最初は見つけられなかったです。「どんなに小さなことでも感謝できることは沢山あるものです」と言われ、日常生活の中で目を凝らすといろいろなことが見えるようになりました。

人・モノ・環境…色々な物の中 で生きていることを再確認しました。

当初悩んでいたことが小さくてくだらないものに感じて時間が無駄だと思うようになりました。

もっと自分が求めているものは何か?それを追求したくなりました。

もう、あの悩みなど忘れてしまいました。

もっともっと大切なことがある。

何のために生まれてきたのか?それを思い出して実行していこうと思います。

困難にぶつかっても、落ち込まず、見方を変え解決に向けてチャレンジしていける気持ちになりました。

日記は続けていきたいと思います。

関口様に出会えたことに感謝いたします。ありがとうございました 。


「クリニックで受けていた頃より元気になった実感がありました。」(Y.T様 20代 女性)

Y.T様

私は、クリニックでのカウンセリングに不満を持っていました。

短い時間で課題をこなし、それができていないと怒られたり、カウンセラーが変われば子供をあやすような不自然な応答だったり、今はそれを受け取れない、吸収できないというような呼吸方法の指導だったり、クリニックの方針を押し付けられる形で進んでいるようでした。

いまいち効果を得ることができないまま、お金と時間を無駄にして同じところで足踏みをしているようでイライラしたり、治らないのではと悲観したりして過ごしてきました。

インターネットの検索で「ライフ・カウンセリング」を知り、少し胡散臭いというと失礼ですがクリニックで治らないなら少しお金を張って転ぶつもりで、誰かに助けを求めてみようと思って参加しました。

ライフ・カウンセリングでは、不自然な情報商材を押し付けられることもなく、追加でお金を要求されることもなく、セクハラ・パワハラもなく、日常の困ったことをヒアリングして一緒に解決方法を考えてくれました。

飢えている人に魚を釣ってあげるのではなく、魚のとり方を教えてあげるやり方で、一緒に6ヶ月間歩んでいただきました。

歩む速度は人それぞれ。

押し付けるのではなく寄り添って対応方法を考えたり、それが吸収できるように日常の不安な思考を聞いて受け止めて共感していただき、クリニックで受けていた頃より元気になった実感がありました。

テキストやワークシートがあるので、一人になってからでも一緒に取り組んできたことを思い返し、頑張ることができる仕組みになっています。

「本を出せばもっとたくさんの方が救われるのでは」と打診したのですが、一人だと本を買って満足して取り組まない人がいるので、対面でのカウンセリングを重視しているとのことでした。

メンタルコーチに支払った金額は安くはないですが無駄にはなりませんよ。

迷われている方がいたら、まず1度お試しでお話してから決めるのも手だと思います。

変わりたい人の味方になってくれますから。一人で足踏みしているより、一歩先に転んでみませんか。


不安を自分の力で取り除けるようになりました。(R.I様 50代 女性)

R.I様

カウンセリングで、自分自身でさえあまり正視したくない気持ちの内面をお話しすることに不安を感じていました。

しかし、お会いした第一印象からして安心感を感じられたので、まず気持ちが楽になりました。

気さくな感じで無理を強いられることもなく、ゆっくりとお話しを聞いていただけたので、思っていること、疑問に思うことも素直に話すことができました。

疑問に思うことについては、丁寧に答えてくださいました。

どんな時も、必ず紙に図式化して描いてくれるので、とてもわかりやすかったです。

その紙をいただいて、日常生活の中で見返しながら、自分を少し冷静に客観的に見ることができました。

頭の中がたくさんの不安や考えで混乱して、とても辛いのにどうしていいかわからない状態の時、私の考えや不安をひとつひとつ並べて整理した上で、それに対してどう対応していけばいいのか、頭と心を落ち着かせて整理するのを手伝ってくれました。

真っ暗で不安がいっぱいの状態から抜け出す手助けをしていただけ、パニックにならずに済みました。

自分の心の中で迷子になった様な状態から、抜け出す道を見つけられるかもしれないと思えました。

2回目のカウンセリングで、ライフ・カウンセリングを終えるとき、自分は「どうなりたい」と思っているのかを明確にしました。

はじめてカウンセリングを受けたときは、不安でいっぱいで気持ちも考えも混沌としていて、どうなりたいかなんて考える余裕もなかったです。

毎日日記をつけることで、少しずつ自分が見えてきて・・・。

でも、まだなんとなくだし、なりたい自分は漠然としているし、どうすればいいかもわからないのですが、少しだけ前進したのは感じられました。

今回も脈絡がない、とりとめもない話しを丁寧に聞いてくれて、ひとつひとつ話しあってくれました。

本当にしっかり向き合ってくれるので、自分の心のこんがらがった気持ちがほどけていくのを実感することができました。

3回目のカウンセリングでは、「心の展開図」を書きました。

悩みを書き出すことで漠然とした不安が明確になり、その悩みを解いた状態、こうありたいという自分像、そのための「はじめの1歩」としてやる事を書き出すことで、変化する自分がイメージできました。

カウンセリングで会話をしていくなかで「自分の本質的なものや心の中に隠れていた不安や疑問」が見えてきました。

話す前と後では明らかに自分の感じ方が違っていて、心の変化を実感できました。

根本的な不安の存在、それを解消するための「自分の土台」の必要性を認識できて、それが優先だと思いました。

そのうえで「心の展開図」を改めて見ると、その展開図に書かれた悩みは「不安の枝葉」のように思えて、枝葉の悩みや不安を解消しても得られるものは「仮の安心」であることがわかりました。

残りのカウンセリングで、自分がどう変わりたいのかの方向性が見えた様で希望が持てました。

4回目のカウンセリングでは、「不安を自分の力で取り除けるようになりました。」

今まで不安な気持ちを薬や友達とのコミュニケーションで押さえ込んだり紛らわせたりしてきましたが、それは何の解決にもなっていませんでした。

私はいま50歳ですが、これから年齢的な衰えや、子供の独立などの家庭環境の変化など、対応せざるを得ない様々なことを受け入れながら、これから増すであろう不安に対処する術を知った事は、今後の人生を生き抜く為の大きな力になると思いました。

5回目のカウンセリングでは、目標を立てそれを達成するための具体的な事項を図に書き入れました。

目標達成を登山に見立てたおもしろくわかりやすい図でした。

カウンセリングを始めたときはワラをもつかむ思いでした。

「助けてほしい」と思っていたような気がします。

今カウンセリングを終え、振り返ってみると「助けてもらう」のではなくて「自分で自分を助ける方法を教わった」のだと思いました。

これはとても大事なことだと思います。

助けを求める先が自分以外にある場合、その人なりその物なりに執着がうまれたり、不安になったりすることも考えられるし、何より不確実です。安心がありません。

でも、自分の中に「自分を助ける方法」があるのは、生きていくうえで大きな安心となり、前に進む勇気になります。

これからの先の人生を見据えた時、カウンセリングで得たことは大きな財産になったと思います。

正直、カウンセリングの課題が億劫におもったこともありましたが(笑い)、ライフ・カウンセリングを受けて良かったです。


「心と体はつながっていることを実感しました。」(Y.I様 30代 女性)

Y.I様

母が急に亡くなり、そのショックとストレスから胃が痛くなり、胃カメラ検査を受けることに。

「体からSOSが出ている。心を見つめなおした方がいいのでは?」と考えついた。

「1回話を聞いてもらうだけでもいいかも」と軽い気持ちで申し込み。

心理カウンセリングで話をして楽になった後、『ライフ・カウンセリング』の提案を受け「あっ抜け出せるかも」と思いました。

その後も度々おこる胃痛は、カウンセリングを受ける度によくなり、今ではすっかりなくなりました。

心と体はつながっていることを実感しました。

『ライフ・カウンセリング』では思わぬ方向に話がいき、仕事のこと・主人とのパートナーシップのこと・将来のことへ話が進み、闇雲に「しんどい」と思っていた毎日が客観的に見られるようになった。

1日、1週間の流れをざっと計算して「あ、今もうひとつ何かをしたくても、やるのはしんどいこと」だと理解できたと同時に、どうして部屋の片付けができないのかがわかった。

カウンセリングを受けてから、できないことに落ち込まなくなった。

やりたいことを細分化して、少しずつはじめられるようになった。

主人とのパートナーシップは、まだまだ長年の思考パターンから抜け出せず、もめることもしばしば。でも、自分のことを客観的に見られるようになってから、主人ともめた後、落ち着いて分析できるようになった。

『ライフ・カウンセリング』を受け、悩みを変換すること、行動を細分化するようになったことで、今まで「無理だよ~」と思っていたことが、気がついたらなんとなく出来るようになっていたことに喜び!。これからの毎日に活かしていきたい。

私が高校生のときに『ライフ・カウンセリング』を受けていたら、どんなによかったと思う。

でも、色々な経験をしたから、受け入れられたのかなとも思う。

心理カウンセリング・・・というと「精神的に弱い人がうけるもの」というイメージがまだある気がしますが、誰にでも気軽に受けられるといいと思う。

そうしたら、青少年の犯罪だったり、産後のうつだったり、いろいろな問題になる前の段階で、多くの人が気づけると思う。

行政がもう少し介入して助成金などで、気軽に受けられるようになるといいな。

でも、高いお金を払うからこその「気構えと集中力がある」のかなとも思う。

感想がまとまりませんが、半年間ありがとうございました。カウンセリングが終わってしまうのがなんだか淋しいです。

でも、自分のことをよくわかってくれる人がいる。カウンセリングの共通の価値観がある人がいる。

それだけでも、これから生きていくうえでの宝ものです。

6ヶ月間ありがとうございました。


「目の前の出来事と自分の感情は別もの」という意識を持つようになりました(S.S様 40代 女性)

S.S様

ライフ・カウンセリングを受けて「目の前の出来事と自分の感情は別もの」という意識を持つようになりました。

私は、意識して気持ちを切り替える事が苦手なので「切り替えて割り切る・気持ちを落ち着ける」ということはまだまだできていないです。

しかし、「人が私に対してこう思っているだろう・・・」という、自分の感情込みの思考に物凄く振り回される癖が私にはあることに気づき、そのことを意識することで、前より人を恨まないで済むようになったと思います。

(気持ちを切り替えられるようになると、もっと楽になるんでしょうね。これからの課題です。)

それから、ライフ・カウンセリングの始めから言われていた「評価をしない」というのも、とても大事だと感じています。

でも、そうは思っていても、ひたすら自分に、周りの人・物・事にダメ出しをしている自分に気づいて愕然としているところなんですが 「そのことに気づくのが大事」と言っていただいて「ダメ出しのカタマリの自分を責めないでいいんだ~」と安心しました。

今までは、自分や人にダメ出しをして責め、責める自分を「なんて心の狭い人間なんだ!」と更に責めまくっていました。

ライフ・カウンセリングを受けて、「なんで自分で自分を責めているのか?」「責める目的は何なんだろう?」という、自分観察という課題が出てきましたが、関口さんに寄り添っていただく事で、もっと自分を理解してやりたいという温かい気持ちが湧くようになり救われました。

1人で考えるのは辛くて恐くて、また、考えが偏りやすくて、続けるのが困難です。

今まで何度も自分に向き合いかけては上手くいかず諦めてきました。

その心理的な仕組みも解説していただいて実感ができて、ひとつ得るものを得たと思います。

それに「伴走してもらう」という経験の乏しい私には、ライフ・カウンセリングは貴重な大事な体験だと思います。

また日常に喜びを見つける勇気がでました。

半年間本当にありがとうございました。


考え方ひとつで見える景色が変わりました。(K.N様 20代 男性)

K.N様

つらいことがあって、自分に自信がなくなってしまい、ひとりで飲食店にも入ることができませんでした。

もう社会に出るのは無理な精神状態で生きているのが辛かったです。

ライフ・カウンセリングを受けて、今できる小さなことを日々おこなったり、毎日1回は何か少し抵抗があることに挑戦することをはじめました。

最初の頃は、外に出るの は嫌だけど、散歩したり、入りやすい飲食店に入る、映画館に行くなどしていくうちに活動的になりました。

でも、挑戦をやめてしまうと直ぐに元に戻り、外に 出るのも友人に会うのも億劫になるので、無理してでも日々小さなことを続けました。

その結果、普通に飲食店に入れたり、ライブを見に行ったりすることを平 常心でできるようになりました。

物事を人のせいにする思考を止めるように意識するようになってから、いろいろと人のせいにしていたなと気づか されました。(自分がダメなのを親の育て方のせいにしたり、環境にせいにしていたりなど。)

人のせいにするとラクだなと思いました。そして、すぐ人のせいにする人 は世間にも多いと思いました。

考え方ひとつで見える景色が変わりました。

「期待値を下げる」これにはおどろきました。

期待しなければショッ クは小さい、あたりまえのことだけど考えたことありませんでした。

他人からどう思われるかは自分では何もできないし仕方がないことだと思いました。

でも、 自分が変われば相手も変わる。

相手だけを変えようとするのは無理だということを実感することができました。

ライフ・カウンセリングを受け、気づかされることが多かったです。

教えてもらったことを活かしてこれからやっていきたいと思いました。

また、これから何かあったときは、辛い時期を乗り越えた経験を思い出そうと思います。


少しずつ自分を受け入れられるようになりました。(T.O様 40代 男性)

T.O様

私がうつ病になって、仕事を休職してから約5カ月が過ぎようとしています。

最初は気持ちも体もいっぱいいっぱいで、自分でもどうして良いのかわかりませんでした。

そのころから関口さんは親身になってカウンセリング・コーチングなどの実践的な手法でいろいろなアプローチをしていただきました。

おかげさまえ少しずつではありますが、自分を受け入れられるようになり、今まで気にもしなかった人のやさしさ、今を生かされている自分、日々の幸せを感じることができるようになってきました。

正直、まだすべてを受け入れられていないと思いますが、日々の生活を丁寧に過ごし、自分の弱い部分を含めた、すべての自分を受け入れられる日が来ることを信じていきたいと思います。

今では、感情を抑えつけないようにだいぶ自分で受け止められるようになってきたと思います。

まだ、辛いことがありますが、自分を否定せずに「苦しみがなくなるように」ではなく「苦しみでなくなるように」見方を変えていきたいと思います。

これからは『ライフ・カウンセリング』で学んだことを実践していきたいと思います。


自分の置かれた環境を肯定的に感じられるようにりました。(E.K様 40代 女性)

E.K様

6ヶ月間ありがとうございました!大きな悩みはなかったのですが、ちまちま気にかかっていたことからいくつもの大きな気付きを得ることが出来て、大袈裟に聞こえますが、とっても感動しています振り返ってみると、たくさんの発見がありました。

  • 自分の置かれた環境をとても肯定的に感じられるようになった それにより、今ある生活の日々日常が安心できて明日も、明後日も、楽しめるようになった
  • 今ある自分の環境を否定的に捉えていた自分に気が付いた(そんなつもりなかったのに!と、驚きの発見でした)
  • 起きた出来事(事実)と感情(自分の気持ち)を分ける日記は自分の思い込みや、固定観念に気付けて、とても為になりました
  • 一日の終わりの感謝を書き綴ることを続けたことにより起きた出来事に、その場で感謝の言葉が出てくるようになった(いままで、意外と言えてなかったのでしょうか!?)
  • 一見関連のない、小さな悩みの数々がいつの間にか解消されていたことが興味深い
  • 起きた出来事は実にシンプルなのだと気が付いた。
  • 『心の地図』を描いたことで、日頃見落としがちなことに気が配れるポイントになった
  • カウンセリングの場で気軽に話が弾んだことの背景にはカウンセラーさんのあたたかい承認があったからと思えます。
  • 自己肯定感はまだ低い様ですが、この自己に対する無用な謙遜癖が今ある環境をゆったりと過ごせなかった大きな要因だったと感じます。
  • 日々些細な自分の努力(小さな一歩)をまずは肯定することの大切さを感じました。そんな価値観だったので、おそらく他人にも厳しかったのでしょう。。。(汗
  • 今まで出来なかった片付けが(物が溜まる)しっかり意味のある片付けが出来るように変化していった。
  • 苦手に感じていた<習慣>を日常に取り入れようと思えるようになった

とてもたくさんの発見がありまだまだ、書ききれません。(笑)

想定外の出来事もいくつか起きて不思議でしたがとても充実した6ヶ月となりました。
最後まで応援をありがとうございました。

自分心理学ワークショップ

「悩み」には前向きな部分があることに気づきました。(T.S様 40代 男性)

T.S様

「悩み」について改めて考えたことがなかったが、こうして紐解いてみると非常に前向きな部分があることに気づかされました。

悩み=行動するきっかけとして考えると心が軽くなる感じました。この内容を是非他に悩む人に教えてあげたいと思いました。

いまの全てを受け入れ認める(許すことではない)ことの大切さを感じました。

自分に足りないのは「振り返る力」だと気づきました。悩みだけが蓄積していたように思います。

悩みを解決するまでのステップを楽しみたいと思います。(M.H様 30代 女性)

M.H様

悩みのイメージがガラッと変りポジティブなものになりました。!

悩むことは自分を見つめることで、自分のなりたい理想を探すこと、そしてそのために行動を起こすきっかけになると学び、悩みが軽くなりました。

今までのように深く思い悩むことなく楽しく行動していけたらと思います。

「心の展開図」は誰でも簡単に取入れることができ、小さな1歩を踏み出すことで新たな自分に近づけ悩みを解決できるのでみなさんにおすすめしたいです。!

悩みを力に返るには自分自身の考え方が大切で、その仕組みを知ってれば客観的に受け入れ、認め、プラスに転じていくことができるとよくわかりました。

落ち込んだり、イライラしたりせずに、チャンスだと思って悩みを解決するまでのステップを楽しみたいと思います。

具体例がわかりやすく学べることがたくさんあり勉強になりました。

心理カウンセリング空では、お客様のサポーターとなり、じっくりとお話しを聞かせていただきながら、お客様のこれからの未来を一緒に考えていきます。

人生をよりよく「変えていきたい」というあなたの想いを心からサポートしていきます。

勇気を出して、はじめの1歩を踏み出してみませんか?

ひとりで悩まず、まずは心理カウンセリングでご相談ください。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG