不安があってもおびえないこと

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

以前、「心のなかが不安でいっぱい、不安を消したい」というご相談をいただきました。

不安でいっぱいだと何するのも怖く、どうしていいかもわからず、毎日が辛い日々になってしまいます。

だから「心から不安を消したい」という気持ちはよくわかります。

しかし、心から不安を消すことなどできません。

大事なことは、心から不安を消すのではなく、不安があってもおびえないようにすることです。

不安であることとおびえることは別のことです。それを一緒に考えると、毎日が辛くなってしまいます。

今日は「不安があってもおびえないこと」について書いていきます

目次
オンラインカウンセリング

心から不安を消すことなどできない

以前、「心のなかが不安でいっぱい、何をするにも恐いと感じてしまう」不安症の方のカウンセリングをしました。

その方は、いつも不安感があり、何をするにも恐いと感じてしまうので、心療内科に通い「不安を和らげる薬」を服用していました。

しかし、心から不安を消すことができず、逆に不安を消そうとすればするほど不安感が強くなり、その結果、薬が増えていくという悪循環に陥っていました。

「今の悪循環から抜け出したい、なんとかして心から不安を消したい」とのことでカウンセリングを受けましたが、残念ながら、私たちの心から不安を消すことはできません。

なぜならば、不安は、人間が安定して生きていくうえで必要な感情だからです。

心から消すことをできない不安を無理に消そうとすると、より不安感が強くなります。

森田療法の森田正馬先生は、心に不安がありつづけることを「不安常用」と表していました。

あわせて読みたい
よくわかる森田療法|心の自然治癒力を高める みなさん、こんにちは。 心理カウンセリング空の関口です。 前回のダニエル・ゴールマン著「EQ|こころの知能指数」に続き、「読書学」の2冊目です。 2冊目は中村敬著の...

不安があってもおびえないこと

不安とは、私たち人間が安定して生きていくために必要な感情です。

よって、不安におびえる必要はありません。

心に「不安があること」と「おびえること」は別問題です。不安=恐さではありません。

それらを一緒に考えてしまうと、不安を消すことで恐さから逃れようとしてしまいます。

大切なことは、心から不安を消すことではなく、不安があってもおびえないことです。

不安におびえ続けると、その不安が現実になってしまうからです。

なぜ、人間だけが不安を感じるのか?

なぜ、人間は不安を感じおびえてしまうのでしょうか?

逆に、犬や猫は不安を感じられないのでしょうか?

それは、人間には未来を予測する想像力があるからです。

例えば、1年後の自分を考えたとき、あなたは何を感じますか?、3ヶ月後の自分ではどうですか?、3日後は?、3秒後ではどうでしょうか?

1年後・3ヶ月後の未来をマイナスに想像すると不安が増し、プラス側に想像すると期待が増します。

3秒後の未来は想像する必要がないので、不安も期待も感じられません。

このことから、不安とは、未来を想像することでうまれるマイナスの感情です。

よって、心に不安を感じるときは、必ず未来をマイナス側に想像しているときです。

あわせて読みたい
「マイナス」を「プラス」に変える方法 みなさん、こんにちは。 心理カウンセリング空の関口です。 心理カウンセリングでは、様々な方の悩みごとを聞きます。 人それぞれの人生が違うように、それぞれの悩みご...

では、なぜ未来をマイナス側に想像をしてしまうのでしょうか?

それは、想定される未来のマイナスの出来事に対して、「自分を守りたい」もしくは「乗り越えたい」と心で思っているからです。

それなのに、不安におびえ、不安に対応する行動ができないと、結果として不安が現実になってしまいます。

不安を感じたときに大切なことは、不安におびえるのではなく、「なぜ、不安を感じるのか?」を理解したうえで、その不安を乗り越えるために、具体的な行動を起こすことです。

ちなみに、薬で不安が和らぐのは、不安そのものが和らいでいるのでなく、想像力を抑えることで、不安感を軽くさせているからだと、私は思います。

勇気を出して不安と向き合おう!

不安とは、未来をマイナス側に想像することで感じられるもの。

よって、不安を消すには2つの方法しかありません。

ひとつが想像すること・考えることをやめること。

想像することをやめ、今この瞬間だけに集中すれば、不安を感じることはありませんが、夢や目標といったプラス側の未来も見失います。

あわせて読みたい
考えることをやめるのではなく、考え方を変えること みなさん、こんにちは。 心理カウンセリング空の関口です。 「いろいろと考え過ぎてしまうので、考えることをやめたい」というご相談を受けることがあります。 考えるこ...

もうひとつが「不安があっても、私は大丈夫」という安定した心にすること。

まずは、不安があることを受け入れ、何に対して不安を抱いているのかを理解すること。

次に、その不安を乗り越えていくために、小さな行動を積み重ね、心を広げていきます。

心が広がることで、はじめて心は安定するようになり、「不安があっても私は大丈夫」という状態になります。

実際に不安と向き合い、行動を起こすのは、とても勇気がいること。

でも、せっかく生きているのだから、不安におびえて今日を過ごすより、「私は大丈夫」という安定した心で人生を過ごしたいものですね。

あわせて読みたい

まとめ

最初にご紹介した不安症の方は、ライフカウンセリングをとおして「自分が何に不安を感じているのか?」を理解できたことで、不安におびえなくなりました。

さらに、不安と向き合い、勇気を出して1歩ずつ行動を起こしたことで、不安があっても「私は大丈夫」という安定した心に変わりました。

もちろん、不安があっても大丈夫と思えるようになれば、もう薬に頼る必要もありません。

私たちの心から不安を消すことはできません。

消すことができない不安を消そうとするのではなく、不安があることを受け入れ「なにが不安なのか?」を理解して、少しずつ不安と向き合っていきましょう。

不安のなかにこそ、これからの人生をよりよくするための「ヒント」が隠れているものだから。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ライフ・カウンセリングで不安を克服した方の感想

あわせて読みたい
自分のありかた・考え方やを明確にする貴重な経験ができました(50代|男性) みなさん、こんにちは。 心理カウンセリング空の関口です。 うつ病は再発する可能性が高いと言われています。 では、なぜうつは再発してまうのでしょうか?、それは、心...
あわせて読みたい
「不安や怖さを前向きな気持ちに変えられるようになりました」 みなさん、こんにちは。 心理カウンセリング空の関口剛史です。 みなさんは、毎日漠然とした不安や怖さを感じてしまうこと、目標に向かって「頑張らないといけない」と...
あわせて読みたい
「自分の力で不安を取り除けるようになりました」 みなさん、こんにちは。 心理カウンセリング空の関口です。 今回は『ライフ・カウンセリング』を受けたR.I様の感想をご紹介します。 R.I様は、漠然とした不安をいつも抱...
疲れた思考と心をクリアにしませんか?
オンラインカウンセリング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次