理想を叶えるために必要なこと

理想を叶えるために必要なこと

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史

前回のブログで「悩みの解決策を求めるよりも理想を叶えよう」について書きました。

でも、実は悩みを解決することよりも理想を叶える方が難しいことです。

悩んでいる状態から理想を描くと、叶えられない理想を設定してしまうからです。

そこで、今日は「理想を叶えるために必要なこと」について書いていきます。

叶えられる理想・叶えられない理想

前回のブログで「悩みの解決策を求めるよりも、理想を叶えよう」についてブログを書きました。

関連記事

みなさん、こんにちは。心理カウンセリング空の関口剛史です。私たちは悩みや問題を抱えると、その悩みや問題の苦しさから、悩みの解決策を求めてしまうことがあります。解決策がすぐに見つかればいいのですが、解決策が見つからない[…]

でも、「理想を叶えよう」と書くのは簡単だけれど、実際には悩みを解決するよりも理想を叶える方が難しいこと。

特に、気持ちが落ち込み、悩んだ状態から理想を描くと、大体は叶えられない理想を望んでしまいます。

理想には「叶えられる理想」と「叶えられない理想」の2つがあります。

叶えられない理想とは「問題や悩みがない状態」を望んだもので、叶えられる理想とは「心からこうありたい!」を望むものです。

2つの理想は、理想を描いた後の思考と行動に大きな差が生じます。

「問題や悩みがない状態」を望むと環境・状況・他者を変えようとし、「心からこうありたい!」という理想を描くと自分の心を変え育てようとします。

要は、悩みや問題を抱えたときに、環境・状況・他者を変えようとするのか、自分の心を変えようとするかのちがいです。

私が、2つの違いに気づいたときの経験談をご紹介します。

うつ病を治すことは本当の理想ではなかった

以前、私は仕事のストレスからうつ状態となり、会社に出社することもできなくなってしまいました。

心療内科で相談したところ医師から「うつ病は心の風邪みたいなものですが、ゆっくり治してきましょう」と言われ、「そっか、うつもカゼみたいなもので治るのか・・・」と安心しました。

しかし、この「心を治す」という言葉が、私のうつを長引かせることになりました。

そもそも「治る」とはどういうことでしょうか?、例えば、カゼが治るとは熱が下がり、また元気になること、骨折が治るとは、また元通り体を動かせられるようになること。

では、「うつが治る」とはどういうことでしょうか?。気分が落ち込まなくなること?。それとも社会復帰できたときに治ったと言えるのでしょうか?。

当時の私は頭では「うつを治したい」と望んでいました。しかし、心の中では「うつが治って社会復帰したとしても、またストレスでうつになってしまうのでは・・・」という不安が常に残っていました。

だから、医師から「まだ、うつが治るには時間がかかりますね・・・」と言われると、「安心と残念」の矛盾した感情が葛藤し、心療内科に通い続けても、抗うつ薬を飲み続けても、私の心は前を向くことはありませんでした。

しかし、あるときフッと「うつを治したい」という理想が間違っていることに気づきました。

「うつ病」という症状を治そうとするのではなく、もっと心から「こうありたい・こうしたい!」と思うようなことを望むべきでないだろうか。

そこで思いついたのが「日々を笑顔で生きていけたらいいな・・・」という理想でした。

では、その理想を叶えるために「うつの自分でもできそうなことをなにか?」を考えたとき「とりあえず朝起きたら笑顔になってみる」という行動でした。

そして、とりえあずもいいから毎朝笑顔になる行動を続けたところ、気づいたらうつ症状は消えていました。

私がうつ病の経験で学んだことは以下の4つです

  • 悩みや問題を解決することと、理想を叶えることはちがうこと
  • 「心からこうありたい!」と思えるような、理想を明確にすること
  • その理想に向かって、小さな行動を積み重ねていくこと
  • その結果、心は前向きに変わっていくこと

理想を叶えるために必要なこと

私はうつ病になってから「うつを治すこと」を理想・目標としてきました。

しかし、その理想は「悩みや問題がない状態」を望んだもので「うつが治らないと元気になれない」という考え方になり、いつまでたっても前に進むことができませんでした。

逆に、発想を変えて「笑顔で生きたい!」という心からの理想を設定し、その為に「今日何ができるか?」を考えたことで「毎朝、笑顔になる」という行動ができるようになりました。

夢や希望・理想や目標を叶える為に必要なことは、「心からこうありたい・こうしたい!」と思えるような理想を設定することです。

心からの理想を設定すると、今の自分にできそうなことが必ず見つかります。その理想に向かって勇気をだして1歩踏み出してみましょう。

もちろん、夢や理想を叶えようとするならば、それ相応の試練にも直面します。

でも、心から理想に向かったときに直面する試練こそが「こうしたい!」を叶える機会であり、心を育てるエネルギーとなるのです。

アインシュタインは「いかなる問題も、それをつくりだした同じ意識によって解決することはできない」と語っています。

言葉を言い換えると「意識を上げないと問題は解決できない」という意味になります。

「問題や悩みがない状態」を望むよりも、「心からこうありたいという」の理想に向かって心を育て意識を上げていきましょう。

オンラインカウンセリング

まとめ

心理学者エリックバーンは「過去と他人は変えられない。しかし、いまここから始まる未来と自分は変えられる」と語っています。

理想を叶えるために必要なことは、自分と未来を変えていくために「心からこうしたい!」と思えるような理想を設定し1歩踏み出すことです。

人間社会で生きていれば、いつも悩みや問題ばかりです。その悩みや問題を消すために努力しても、心が変わらなければ、また同じような悩みに直面するものです。

逆に「心からこうありたい!」と思うようなことにエネルギーを注げば心は成長する(意識が上がる)。心が成長すれば、過去の悩みは、気づいたら悩みではなくなっている。

そうやって、人の心は成長していくものでは・・・と、私はうつ病の経験を通して学びました。

「問題や悩みがない状態」を望むよりも、「心からこうありたいという」の理想に向かって1歩ずつ歩んでいきましょう。

ここまでお読みいたがき、ありがとうございました。

関連記事

関連記事

みなさん、こんにちは。心理カウンセリング空の関口剛史です。私たちは悩みや問題を抱えると、その悩みや問題の苦しさから、悩みの解決策を求めてしまうことがあります。解決策がすぐに見つかればいいのですが、解決策が見つからない[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。心理カウンセリング空の関口剛史ですみなさんは「夢」を描いていますか?ワクワクする夢、楽しい夢、憧れる夢、など夢をイメージするのは楽しいものです。しかし、夢には「挑む夢」と「逃げる夢」があ[…]

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように心からサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG