それは自然か不自然か?

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

私はいろいろな角度から心のことを勉強しているのですが、最近の心理に関する本を読んでいると、「心が安っぽくなったな・・・」と思うことがあります。

先日、心理カウンセリングのときに、お客様から「神社ミッションについて関口さんはどう思いますか?」とご質問をいただきました。

私は「神社ミッション」というものを知りませんでした。

お客様から「神社ミッション」について教えていただいたとき、私は「とても不自然な話である」という違和感を抱きました。

今日は「神社ミッション」のお話を踏まえながら、心の自然と不自然について考えていきたいと思います。

神社ミッションとは

 

まず、「神社ミッション」についてご紹介します。インターネットで調べてみたところ「神社ミッション」とは、有名な心理カウンセラーさんが提唱した「執着を手放す」方法のようです。

ポイントは以下のとおりです。

【目的】
・お金の執着を手放す
・お金がない から お金があるに
・結果として、何らかの見返りが返ってくる

【手段】
・人気のない神社で
・損をしていいという気持ちで
・1万円のお賽銭を入れる

まず前提として、私は「神社ミッション」をやったことがないので、これが「正しい」・「効果がある」かどうかわかりません。

もしかしたら「効果があること」なのかも知れません。

ただ、このお話を聞いたときに、私の心の中で違和感を抱きました。

その私の違和感を以下に書いていきます。

それは自然か不自然か

「神社ミッション」のお話を聞いたときに感じた違和感。それが、「とても不自然」だということ。

私が心のことを考えるとき、「自然界のものと置き換えて考える」ようにしています。例えば、お金をお米に置き換えて考えてみます。

【目的】
・お米の執着を手放す
・お米がない から お米がある
・結果として、何らかの見返りが返ってくる

【手段】
・人気のない神社に
・損をしていいという気持ちで
・お米をお賽銭箱にいれる

という感じになります。

「古びた神社のお賽銭箱に、お米を入れることで執着が離れ、見返りが返ってくる」とても不自然な話です。

現代は、普通にお米を買うことができるので、お米に執着はありません。

でも、もしお米が無くなってしまったら、誰もが「お米を食べたい」と執着をもちます。

そのときに、賽銭箱にお米を入れたら、お米が実るでしょうか?賽銭箱にお米を入れたところで、お米は実りません。お米は田んぼで実るものです。

それなのに、どうして1万円を賽銭箱に入れると、見返りが返ってくるのでしょうか。

お金の執着とは

執着とは

1つのことに心をとらわれて、そこから離れられないこと

よって、お金の執着とは、「お金のことに心をとらわれて、そこから離れられない心理状態のこと」です。

よく、執着を手放すことで、新しいものが入ってくると、言われています。では、どうして執着を手放すと、新しいものが入ってくるのでしょうか?

それは、今まで1つのことしか見えていなかった人が、執着を手放すことで、他のことも見えるようになるからです。

ポイントは、新しいものが入ってくるのではなく、「今まで見えてなかったものが見えるようになる」ところです。

これが心の自然的な作用です。

お金に執着があり、お金のことばかり考えていた人が、お金の執着を手放すことで、お金以外のことにも心を配ることができます。

その結果、今まで見えていなかった物事が見えるようになります。

会社の売り上げばかりを気にしていた社長が、売り上げの執着を手放すことで、社員やお客様の存在を実感できるようになりますね。

お金の執着を手放す為に、お賽銭箱に1万円を入れるのはいいのかもしれません・・・。

でも、その結果、見返りがあるような話になると、お金への執着が増すばかりだと思います。

見返りを求めると執着が上書きされる

「神社ミッション」をしたいと思う人は、自分は「お金に執着がある」と考えている人です。

お金に執着がある人が、1万円を賽銭箱に入れるには勇気が必要です。

そして、勇気をふりしぼって1万円を入れたからには、その行動に対しての正当性を無意識で求めはじめます。

例えば、「神社ミッション」を行ったあと、「宝くじ」が当たったとします。

こういうときは「神社ミッション」のおかげで当たったと考えてしまいます。

でも、「宝くじ」が当たったのは、「宝くじ」を買ったからであって、「神社ミッション」を行ったからではありません。

この因果関係を客観的に考えられないと、その人はお賽銭箱を見る度に、見返りを求めてお賽銭を入れはじめるでしょう。

最初はお金の執着を手放す為に1万円を入れたはずなのに、見返りを求めて1万円を入れはじめる。

これでは、執着の上書きです。

結局のところ、そういう人はお金に執着があるのではなく、「楽してお金を得たい」という考えに執着をしているのではないでしょうか。

手放すべきことは「お金の執着」ではなく、「楽してお金を得たい」という思考だと思います。

世の中に流通しているお金の量は一定です。

自分がお金を得るということは、誰かがお金を支払うということです。

自分が世の中に、何も提供していないのに、見返りだけが得られるという考えは、とても不自然なことです。

お金はどこで育つ?

みなさんは、お米がどこで育つかご存じですか?

そうです。お米が育つのは田んぼです。

お米は5月に種を蒔き、6ヶ月後の10月に実りを迎えます。

6ヶ月間でお米を多く収穫するには、田んぼをよく耕し、肥料を入れ、雑草を抜くなど、日々の手間暇をかけた管理が欠かせません。

では、私達のお金はどこで育つのでしょうか?

答えは社会です。

社会の中で、自分という価値をとおして、誰かに何かを提供することで、はじめてお金をいただけるようになります。

また、同じ時間でお金を多く得たいのであれば、自分の価値、誰かに何かを提供できる価値を高め続ける必要があります。

そのために、日々学び続け、心を修めていく必要があります。

これはお米も人間も同じことで、とても自然なことです。

最後に二宮尊徳の言葉をご紹介します。

仏教かは極楽浄土を説いて、”地上には金銀が敷きつめてあるし、山には珠玉が積みかさなっている。

海はといえば、サンゴ、コハク、ルリ、シャコ、メノウがいっぱいある”などという。

人々はそれを聞いて、そういう所に生まれたいと願う。

今つくづく世の中を見渡すと、網を海の中に入れれば魚が得られ、田畑を耕せば百穀が得られて、年々歳々尽きることがない。

これは、皆、金銀珠玉に換えられるものであり、たとえ換えられなくても、実際の値打ちは金銀珠玉にまさるべきものである。

実に我々の住む現世はこのとおり豊かなもので、これこそ真の極楽浄土ではないか。

しかし、勤めればそういう宝が得られるが、勤めなければ得られない。

よく勤めれば多く得られ、少なく勤めれば少しだけ得られる。実に絶妙の理法というべきだ。なんとこの世は尊ぶべき極みではないか。

~大貫 章著 二宮尊徳の道徳と実践より引用 二宮尊徳 語録220~

まとめ

上記が「神社ミッション」のお話を聞いたときに抱いた違和感でした。

もちろん、私の考えが正しいとは思いません。

でも、そう感じたのは事実なので、私はそのままお客様にお伝えしました。

私は「自然界の法則性」と「心の法則性」は一致していると考えています。

だから、心のことを考えるときは、心を自然界のことに置き換え、それが自然か不自然かで結論をだすようにしています。

心やスピリチュアルの話を聞くとき、その話が【自然か不自然か】という判断基準を持ちながら聞くことが大事だと思います。

なぜならば、私達も自然界の一部であるからです。

心を見ることはできませんが、自然を観察して理解することはできます。

自然界の法則性を理解して、それが自然か不自然か?と心の判断基準をもちましょう。

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG