たまごを産み終えたあとは・・・

前回の記事の続きです。

 

生後5ヶ月目になると”にわとり”はたまごをうみます。

それは少し小さくてかわいいたまごです。

160219_1

 

では、”にわとり”がたまごを産める期間はどれくらいだと思いますか?

10年だと思いますか?、5年ですか?それとも3年?

ちなみに、”にわとり”の動物としての寿命は約10年です。

160219_1-3

答えは、生後5ヶ月目の産卵開始から約18ヶ月間です。

18ヶ月間産み続けると産卵率が低下してきます。

 

皆農塾では、産卵開始から12ヶ月目の”にわとり”に換羽(断食)を行うことで、

”にわとり”の体質改善をはかり産卵期間を24ヶ月に延ばしています。

それでも、安定してたまごを産めるのは24ヶ月の2年間だけです。

短いですよね・・・

121109_1

10年間生きられる”にわとり”は2年でたまごを産めなくなります。

では、たまごを産めなくなったにわとりはどうなるのでしょうか。

 

そうです。最後は私達が食べる鶏肉となります。

 

私はたまごを産まなくなった鶏を絞める作業を行うとき、いつも思います。

「この鶏のいのちの分までしっかりと生きなければ・・・」と

160226_3

 

生きていると、いろんなことがおきます。

つらいことや、かなしいこと、病気になったり、思いどおりにならなかったり。

そんなとき、生きていることが苦しい、もう諦めたいと感じてしまうものです。

 

でも、つらくてもかなしくても、今日も生きていられるということは、

”にわとり”をはじめとても多くの他の”いのち”をいただくことで、

今日も生かされているということ。

 

そして、多くの”いのち”のおかげで、今まで生きてこられたということ。

 

今日もいつものように何気なく食べる”たまご”や”鶏肉。

 

そこに宿っていた”いのち”のことを思い感謝して、

そして、いただく”いのち”の分まで、「私は今日もしっかりと生きます」と

心に感じながら「いただきます」と言葉にすることで、

きっと、今日も生きる元気を少し感じられるものだと思います。

130329_2

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG