しんどい山に登る理由

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

 

先日の連休に家族で登山にいってきました。

連休ということもあり、多くの方が山登りを楽しんでいました。

150922_5

でも、なぜ人は”しんどい”思いをしてまで山に登るのでしょうか?

山に登るときは、麓でこの山に登るかと不安に感じ

150920_1

山に入れば急な登り道に息をあげ

150920_2

山頂の近くは、山場となる急な斜面で、登山をしたことを後悔したくなる。

150922_3

それでも1歩1歩と足を進めていくといつかは山の頂に立つ。

150922_4

そして、山の頂に立つと、悠大な自然を感じ自らの足で頂に立った達成感と開放感と共に、今までの”しんどさ”をすっかりと忘れてしまう。

 

だから、しんどい思いして登った山を降りると「次はどこの山に登ろうとかと?」次の山を楽しみにできる。

151003_1

きっと、人生も山登りと一緒なのだと最近は思います。

 

人生にも”しんどさ”や”辛さ”という目にはみえない山がある。

麓では漠然とした山の大きさに不安を感じて逃げ出したくなる。

 

その山に踏みは入れば、きつい登り坂ばかりで心から音を上げたくなる。

でも、あきらめず今の自分で出来る1歩を歩み続ければ、いつかは山の頂に立ち大きな達成感を味わうことができる。

それが人間力としての成長につながっていく。

だから、私自身もはいつも今の自分が感じる”しんどさの山”にしっかり向き合い、今の自分で出来る小さな1歩を歩むことをいつも心がけをしています。

自分の”しんどさの山”の頂にあるものを信じて。

151003_1-2

 

疲れた思考と心をクリアにしませんか?
オンラインカウンセリング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次