コミュニケーションの小さな種

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

今月はコミュニケーションについて書いています。

 

前回の記事の続きになりますが、

人のコミュニケーションには

外的コミュニケーションと

内的コミュニケーションの

2種類があります。

 

外的コミュニケーションは 言葉を声という音に変換して

自分の想いを伝えたり 相手の想いを理解するもので

内的コミュニケーションは 心の中のもう1人の自分と対話をして

自分の考えを整理して 自分の想いを理解するものです。

 

この内と外の2つのコミュニケーションは異なるものですが、

ひとつだけ共通していることがあります

それはどちらも”言葉”を 使っているということです。

 

私達はすべての物事を 言葉に置き換えて捉えています。

外的・内的どちらのコミュニケーションも

言葉に置き換えられないものは

私達は考えることも表現することもでません。

 

このブログも、私の考えた言葉(文字)で表現しています。

そう考えたときに私達の”言葉”は コミュニケーションの小さな種になります。

Seed
Seed / the yes man

 

そして、私達はどうコミュニケーションをどうとろうか?

とコミュニケーションの方法ばかりを考えてしまいがちですが、

実は自分が日々どんな”言葉”を使っているのか?を

あまり意識できていないのです。

 

例えば、雨降りの朝に
Rain 2
Rain 2 / *suika *

「あ~今日も雨だ~濡れて嫌だな~」と言葉にしてから外に出るのと、
Walking in the Rain
Walking in the Rain / h.koppdelaney

「雨の日は新緑がきれいだな~」と 言葉にして外に出るのでは
Rain rain rain rain rain...
Rain rain rain rain rain… / GreyHobbit

自分が見えてくるものが変わってきます。

 

きっと、前者の言葉は洋服が濡れることが気になり

後者は雨に濡れた新緑を楽しめたりします。

 

【朝、雨が降っている】という事実はひとつなのに・・・  

Rain 2
Rain 2 / *suika *

 

【雨が降っている】という事実に対して、

自分がどんな言葉で事実を感じて、

どういう言葉で表現をしているのか?

私達は何気なく使っている言葉で、

事実に対して自分の解釈を付け加えています。

そして、自分の解釈で一喜一憂したりします。

 

みなさんは、日々どんな”言葉”を使っていますか?

”言葉”は日々あたりまえのように使うものだからこそ

たまには自分の”言葉”を意識的にチェックしてみてくださいね。

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG