自分の素直な思いを感じてみよう

みなさんこんにちは

心理カウンセリング空の関口です。

 

今月はコミュニケーションについて書いていきます。

 

前回の記事の続きになりますが、

僕らが1番コミュニケーションを交わしているのは

会社の上司や同僚でも、家族や子どもでもなく

心のなかの もうひとりの自分自身です。

 

心のなかの もうひとりの自分自身との

コミュニケーションを内的コミュニケーション

自分以外の周りの人達とのコミュニケーションを

外的コミュニケーションといいます。

 

そして、内的コミュニケーションと

外的コミュニケーションがズレたとき、

人は ストレス を抱えてしまいます。

no communication
no communication / dr_zoidberg

 

例えば、職場で上司から飲みに行こう!と誘われたとき

自分の心の中の内的コミュニケーションでは

「え~~今日は疲れたから帰りたいな~」と思ったとしても

せっかく上司が誘ってくれたのだから

上司に嫌われたくないからなどの理由で、

笑顔で「ぜひ行きましょう!」という感じで

外的コミュニケーションを交わしてしまいます。

 

内心は家に帰りたいのに、

これからの人間関係を考えると自分の内心とは反対に

飲みに行きましょうと言ってしまう。

こうして、自分の内と外のコミュニケーションが相反すると、

飲みに行くこと自体に ストレス を感じたり

飲み会が終わってからどっと疲れたりしてしまいます。

 

もちろん、人間関係の親睦を深めるために

上司と飲みに行くことも必要なことです。

しかし、ときには、

「お誘いありがとうございます。

しかし、私は今日疲ているのでお先に失礼します」と。

自分が内的に感じたことを素直に表現することも大切です。

 

自分の心がいま感じていることを素直に言葉として表現することを

”Iメッセージ”といいます。

 

Iメッセージは自分勝手な自己主張ではなく

いまの自分の心が感じている事を素直に伝えることです。

 

私達は人から嫌われる事をついつい恐れてしまいます。

だから、自分は相手からどう思われるか?を気にしていまい

いまの自分はどう思っているのだろうか?を気にかけられません。

 

コミュニケーションとは

言葉による意思・思想などの伝達をすることです。

 

コミュニケーションとは言語により意思疎通のことですので、

まずは、自分の心の中にある素直な思いに

自分自身で気づいていないとコミュニケーションは成り立ちません。

 

相手にどう話しをしようと?と考える前に

私はどう思っているのだろう?を感じる事が先になります。

 

そのためにも、まずは自分はどう思っているのだろう?と

自分の中での自分とのコミュニケーションを意識的に交わしてみましょう。

 

 

続きをまた書きます。

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG