「山と渓谷」に登山カウンセリングが掲載されました

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

2021年1月15日発売の「山と渓谷 2月号 不安解消 単独行者の悩みアドバイス75」で、ひとりで山に登る方のお悩みアドバイスと登山カウンセリングのエッセイが掲載されましたのでご紹介します。

「山と渓谷」に登山カウンセリングが掲載されました

「山と渓谷」は、1930年創刊の山登りや自然をテーマにした歴史ある月刊誌。

2021年2月号の特集は「不安解消 単独行者の悩みアドバイス75」

ひとりで山に登っている時に抱く寂しさ、夜の避難小屋で過ごす怖さ、登山中に将来の不安や仕事の悩みが頭から離れない悩みに対して、アドバイスを書かせていただきました。

また、「登山が心にもたらすもの」として登山カウンセリングのエッセイを書かせていただきました。

ぜひ、お近くの書店でお買い求めください。

登山ハイキングの様子は以下のブログでも紹介しております。

関連記事

みなさん、こんにちは。心理カウンセリング空の関口です。先日梅雨の晴れ間に、ライフ・カウンセリングを受けているAさんと、埼玉県飯能市の「棒ノ折山」へ登山カウンセリングに行ってきました。片道2時間30分・往復で5時間の登[…]

関連記事

みなさん、こんにちは。心理カウンセリング空の関口剛史です。5月は外で体を動かすには心地よい季節ですね。先日、ライフ・カウンセリングを受けているAさんと「ハイキング・カウンセリング」に行ってきました。悩んでいる[…]

まとめ

なぜ、人は大変な思いをしてまで山に登るのでしょうか。

私も山登りが好きですが、山に登っているときは、つらいく苦しいので何でわざわざ山に登っているのだろ?と疑問に思うことがあります。

でも、頂上に立っておいしいご飯を食べる頃には、疑問の答えはどうでもよくて、心の中で達成感が満ちあふれています。そして、明日から日常をまた頑張ろうと思えます。

ひとり1人山に登る理由はちがいますが、きっと、山に登ることでひとり1人の心の中で何かが見つかるのだと思います。

ぜひ、お近くの山に出かけてみてはいかがでしょうか?

今回おすすめ本

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように心からサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG