学びの目的~世を益するのが正道~

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

本屋に行くと、ビジネス書や心理学のなどいろいろな学びの本がありますね。

また、ネットにもセミナーやノウハウ・ハウツー情報があふれ、いったい「何を学ぶことが正しい」のかわからなくなってきています。

私たちはいったい何のために学ぶのでしょうか?

学びの本来の目的を見失うと、学ぶこと情報を得るが目的となり、最後は自己中心的になります。

二宮金次郎は、学ぶ目的を「世を益するのが正道」と説いています。

今日も二宮金次郎の一説をご紹介します。

世を益するのが目的

最初に二宮金次郎の「二宮翁夜話集」から「世を益するのが正道」をご紹介します。

世を益するのが正道

翁のことばに、神儒仏の書物は数万巻ある。

それを研究しようとすると、深山にはいって座禅しようと、その道をのぼりきわめてみれば、世を救い、世を益することのほかに道はありえない。

もしあるといえば、邪道に相違ない。

正道は必ず、世を益すること一すじだ。

たとい学問をしても、道を学んでも、ここに到達しなければ、よもぎ・むぐらがやらにはびこったように、世の中に用いないものだ。

世の中に用のないものは尊ぶに足りない。広がれば広がるほど世の害になる。

幾年の後にか、聖君が出て、このような無用の書物を焼き捨てるということも、ないとはいえない。

焼き捨てるまでは行かなくても、荒地を開くように、無用なよもぎ・むぐらを刈り捨てて、有用の道の広まる時節もないとはいえない。

ともかくも、世の中に益のない書物は見ぬがよい。

自他に益のないことはせぬがよい。

「光陰は矢のごとし」だ。人生六十年といっても、幼い時、老年の時がり、病気があり事故があって、仕事をする日数は至って少ないのだから、無用のことはしてはならぬ。

引用 二宮翁夜話(上) 発行:一円融合会刊 原著:福住正兄

学びの目的

最近、本でもネットでも色々なことが学べる時代となりました。

そのなかで、新しい技術・斬新なノウハウやハウツーを学ぶことで、もっと自分が楽(らく)に楽しくなれる類の学びが増えているように感じます。

例えば、「我慢をせずにあるがまま、あなたらしく生きていきましょう」という学びがあるとします。

今まで我慢して苦しんできた人には「そっか、あるがまま自分らしく生きていけば、楽になれるんだ」とひとつの学びになります。

もちろん、我慢をすることをやめれば、誰だって楽になれます。

しかし、そういう「自己中心的の学び」は、自分が楽になれる一方で、「あるがまま」という「わがまま」になっていないか、逆に他者に我慢を強いていないか?という視点が抜け落ち、最後は「自分が正しくて他者や社会が間違い」という自己中心的な人間性になります。

自己中心的な人間性が、他者や社会の益になれるでしょうか?

本当の学びとは、我慢することをやめることではなく、我慢をしてしまう本当の理由を知ること。

本やノウハウに答えを求めるのでなく、自分と向き合い心の中から答えを見つけだそうとすこと。

それは、心の中にあるネガティブなところと向き合うことであり、楽(らく)なことではないかもしれない。

しかし、我慢をしてしまう本当の理由を学び理解することで、苦しい我慢をする必要性がなくなるもの。

また、自分と向き合った分だけ人間性が高まり、人間性が高まった分だけ他者や社会に優しくなれるもの。

真の学びとは、自分が楽になるものではなく、自分の人間性を高めた結果、世や他者に利益をもたらすものだと、私は思います。

まとめ

二宮金次郎は「修行僧が山で十年間修行して何かを悟ったしても、その悟りが他者や社会の益になれなければ邪道だ」と説いてます。

二宮金次郎がそう考えるようになったのは、大飢饉で社会全体が苦しんでいるときに、山にこもる修行僧を見て「山で修行するなら、田畑は耕せ」と感じたからだと、私は思います。

学びがあふれている現代でも、セミナー会場に籠もり一生懸命に学ぶのもいいですが、やはりどこかで自分と向き合いながら、人間性を少しずつ高め心の器を広げながら、社会や他者に還元していくことが、大事だと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG