人生の壁にぶつかったときは、今できることから~難事をあとにする変通の道~

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

生きていると、悩んだり思い通りにならない、人生の壁にぶつかることがありますね。

今の自分で乗り越えられる壁であればいいですが、時には大きな壁にぶつかり「もう無理」とすべてを諦めたくなるときがあります。

そういうときは、一旦立ち止まり「変通の道」を探し、できそうなことからはじめてみることです。

今日も二宮金次郎の「難事をあとにする変通の道」を参考にしながら、人生の壁について書きます。

難事をあとにする変通の道

最初に二宮金次郎の「二宮翁夜話集」から「難事をあとにする変通の道」をご紹介します。

翁のことばに、何事にも変通ということがある。これは心得ておかねばならない。

別の言葉でいえば権道だ。

困難なことを先にするのは聖人の教えで、それは、たとえば、まず仕事を先にして、それから賃金を取れというように教える。

しかし、たとえば農家に病人などがあって、耕作や除草が手遅れになっているようなとき、草の多い所を先にするのは世上一般のやりかただが、このようなときに限って、草が少なくて、いたって手軽な畑から手入れして、草のいたって多い所は最後にするがよい。

これは最も大切なことだ。

いたって草が多くて手重の所を先にするというと、大いに手間どれて、その間に草の少ない畑もみな一面草になって、どれもこれも手遅れになるものだから、草が多くて手重な畑は、五畝や八畝は荒らしてもままよと覚悟して、しばらく捨てておき、草が少なくて手軽な所から片付けるがよい。

それをしないで手重な所へ掛けかって、時日を費やしていると、総体の田畑が順々に手入れが遅れて、大きな損になるのだ。国家を復興すうるのも同じことの道理であって、心得ておかねばならない。

また、山林を開拓する場合に、大きな木の根はそのまま差しておいて、まわりを切り開くがよい。

そうして三四年もたてば、木の根は自然と朽ちて、力を入れずに取れるのだ。これを開拓のときに一時に取ろうとしても、労が多くて功が少ない。

百事このとおりで、村里を復興しようとすれば必ず反抗する者がある。その扱い方もこの道理であって、決して取りあわず、さわらずに、度外に置いてわが勤めを励むがよい。
引用 二宮翁夜話(上) 発行:一円融合会刊 原著:福住正兄

人生の壁にぶつかったときは、今できることから

最初に言葉の説明をします。

変通とは

その場その時に応じて、自由自在に変化・適応してゆくこと。
~デジタル大辞泉より引用~

権道とは
手段・方法は道に外れているが、結果からみて正道にかなっていること。また、目的を達成するためにとる便宜的な手段・方法。
~デジタル大辞泉より引用~

二宮金次郎の言う「難事をあとにする変通の道」とは、人生の壁にぶつかり「もう無理」と思うときは、今までの手段・方法に囚われず、本来の目的を達成するため、正道に適った手段・方法を考え、今できそうなことからはじめてみることです。

私たちは、壁にぶつかったとき、その壁が大きければ大きいほど、相対的に自分がちっぽけに感じてしまい、歩むことをあきらめたくなります。

しかし、そういう時は一旦立ち止まり、本来の目的を思いだし、これまでの手段・方法を改め、今までとは違う歩みを踏みはじめること。

できないことに労力と時間をかけるのでなく、いまできそうなことに労力と時間をかけること。

いまの自分でもできそうなことに意識を向けて行動をすることで、少しずつ変化が起こりはじめ、それが次へのモチベーションとなり、気づいたら「人生の壁」は乗り越えられているもの。

ミヒャエル・エンデ著の「モモ」に登場する道路清掃人のベッポじいさんも、二宮金次郎と同じようなことを言っています。

なあモモ、とっても長い道路を受け持つことがあるんだ。

恐ろしく長くてこれじゃとてもやり切れないと思ってしまう。

そこで、せかせかと働きだす。どんどんスピードを上げていく、時々目を上げて見たのだが、いつ見ても残りの道路は減っていない。だから、もっとすごい勢いで働きまくる。

心配でたまらないのだ。

そして、しまいに息が切れて動けなくなってしまう。でも道路はまだ残っているのだ。こういうやり方はいかんのだ。1度に道路の全部のことを考えてはいかん。

わかるか?次の1歩ことだけ、次のひと呼吸のことだけ、次のひと掃きのことだけを考えるのだ。いつも、ただ、次のことだけをな。

すると楽しくなってくる。これが大事なのだ。楽しければ仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらなきゃダメなんだ。ひょっと気がついたときには、1歩1歩進んだ道路が全部終わっておる。

どうやってやり遂げたかは自分でもわからん意も切れていない。これが大事なのだ。

~ミヒャエル・エンデ『モモ』より引用~

困難で苦しいとき、人生の壁にぶつかったときは、先を見通すことができず不安や絶望を感じるもの。

しかし、そういうときこそ、焦らず無理せず、いまできそうなことから1歩ずつ。

そうすることで、人生の壁は心の成長のためのステップに変わり、自然と乗り越えられていくものだから。

まとめ

人は自分の思い通りに物事が流れているときに、自分のことを省みることができません。

逆に、思い通りにならないとき、人生の壁にぶつかったときにこそ、自分を見つめ直し、今までのことを省みて、これからの道をじっくり考えることができるものです。

人生の壁とは、今までの「生き方」や「考え方」に気づき、そして変えるために訪れるもの。

そう考えると、二宮金次郎が「難事をあとにする変通の道」と説いた意味が理解できます。

もしかしたら、人間の心はそうやって成長していくのかも知れませんね。

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

心がやわらかくなる、心理カウンセリング

二宮金次郎の「心田開発」とは、荒れた田は耕すことで再び米が育つように、荒れた心を耕すことで人間が育つという考え方です。

日々の生活のなかで、疲れかたくなになってしまった心を、カウンセリングをとおしてやわらくし、再び前向きな気持ちになるようサポートします。

「心のリフレッシュしたい」方は、詳細をご確認ください。

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG