ダメな自分を楽しもう

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

いきなりですが、みなさんに質問です。

みなさんは、自分は「できる人間」だと思いますか?、それとも自分は「ダメ人間」だと思いますか?

カウンセリングでは「自分はダメ人間のため、自分を責め肯定できない」という相談を受けることがあります。

確かに「自分はダメだ」と思っていたら、自分を肯定することは難しいですよね。

でも、いったい自分のどこがダメなのでしょうか?、何を基準としてダメだと言い切れるのでしょうか?

実は、本当にダメなのは自分自身にあるのではなく、その思考パターンにあります。

今日は「ダメな自分を楽しもう」と題して、ブログを書いていきます。

自分のダメなところはどんなところ?

「自分はダメ人間のため、何もできない。そんな自分を責めて、自分を肯定できない」というご相談をいただくことがあります。

以前、「ひきこもり状態」の20代男性のカウンセリングを担当したことがあります。

彼にはマイナスな出来事が起こる度に「どうせ自分はダメな人間ですから・・・」という口癖がありました。そして、その口癖がさらに彼の心を追い込んでいました。

カウンセリングのなかで「自分のダメなところはどんなところ?」と彼に質問をしてみました。すると、彼から「正社員で働けないところ」という答えが返ってきました。

彼には「正社員で働けない=ダメな人間」という思い込みがありました。それは、父親から「正社員で働けない人間は、ダメ人間だ」と言われ続けきていたからでした。

確かに、父親が言うように正社員で働けた方が理想なのかもしれません。

しかし、正社員として働けないからと自分を責めダメ人間だと思い込み、家に引きこもっていたのでは本末転倒です。

実は、この私(関口)も最近はダメ人間です。

最近「トランペット」の練習をはじめました。しかし、まったくもって音が鳴りません。

吹奏楽部でトランペットを担当している息子からは「ダメだね」といわれ続けています。

「トランペット」という基準では、私もダメダメ人間で、できない自分を責めて、自分を肯定することもできません。

本当にダメなことは?

社会には、正社員でない人もいれば、トランペットの音が鳴らない人もいます。

人間は完璧ではありません。だから、誰にだって「ダメ」なところはあります。

ただ、「ダメ」に対する自分の思考パターンには2種類あります。

ひとつが「ダメ」だから行動をやめてしまうパターン、もうひとつが「ダメ」だからこそ行動を続けようとするパターンです。

正社員で働けなくてひきこもり状態になってしまった彼は「ダメ」だから行動をやめてしまうパターンでした。

「正社員になれない」なら「とりあえずアルバイトからはじめてみよう」と、ひとつの「ダメ」を「あきらめて」違う行動に踏み出せればいいのですが、彼の心の中では「ひとつのダメ」が「すべてのダメ」に拡大解釈されていました。

本当にダメなのは「ひとつのダメ」を「すべてのダメ」へと拡大解釈し行動をやめてしまう思考パターンです。

この思考パターンに陥ると、些細なことでもすべてがダメに感じてしまうので、「ダメ」だからこそ行動を続けようとするパターンに切り替えていくことだ大事です。

ダメな自分を楽しもう!

私はトランペットが鳴らないダメ人間です。だから「トランペット」をあきらめれば、ダメ人間から脱却できます。

でも、最初に「トランペット吹きたい」と思ったからこそ、いま「音が鳴らないこと」にダメだと感じているのであれば、ダメな自分を一旦受け入れて、音が鳴るまで日々練習するしかありません。

できない自分を認めて、わからないことやコツなどを息子に教えてもらい1歩1歩進めていくことで、何かが変わりはじめます。

この間、「トランペットは、息で鳴らすのではなく、唇を震わせるために息を使う」というコツを教えてもらったとき、はじめて「プー」という音が鳴りました。

ダメでできない自分が少しだけできるようになりました。そういうときの気持ちはなぜか「うれしい」や「楽しい」と感じるものです。

もし、自分が完璧な人間だったら、できることがあたりまえでとなり「うれしい」や「楽しい」という感じを味わうことができません。

完璧でないダメな自分だからこそ日々の行動を積み重ねて、なにかができる喜び、なにかを成し遂げる楽しみが味わえるのでないでしょうか。

ちなみに、引きこもりだった彼はアルバイトから仕事をはじめ、仕事の楽しさを思い出し、自分でも仕事ができるという自信を得ながら、社員として働けるようになりました。

ダメな自分の方が、未来の可能性は大きいもの。

「ダメだ」と言って歩みをとめるのでなく、ダメな自分を受け入れて、ダメをできるに1歩ずつ変えていこう。

そんなダメな自分を楽しもう!

まとめ

人間は心のどこかで完璧な自分を求めています。

しかし、完璧を強く求めれば求めるほど、ダメな自分が浮きだってきます。

そして、自分は完璧になれないからと、ダメを理由にして歩みを止めてしまいます。

自分はダメでいいじゃない。ダメで不完全だからこそ、そこに伸びしろがあるんだよ。

ダメな自分を素直に受け入れて、ダメな自分を少しずつ育てていこう。そして、そのプロセスを楽しんでいこう。

いつか「自分のダメ」は「自分らしさ」に変わるものだから。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG