人生を楽(らく)に生きたいですか?それとも楽しみたいですか?

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

先日お客様から「心理カウンセリングを受ければ、これから人生を楽(らく)に生きられますか?」というご質問をいただきました。

いまの自分にとって、苦しいことがあり、辛い時期であればあるほど、これからの人生を楽(らく)に生きたいと思いますよね。私もその気持ちよくわかります。

しかし、残念ながら心理カウンセリングを受けても、人生が楽(らく)になることはありません。どちらかというと、心理カウンセリングを受けることで自分自身が問われ、難しいと感じることが増えてしまうかもしれません。

しかし、心理カウンセリングを受けることで、これからの人生を楽(たの)しく感じられるようにもなれます。

あなたは、人生を「楽(らく)」に生きたいですか?それとも人生を「楽(たの)しく」生きたいですか?

「楽(らく)」と「楽(たの)しい」は漢字は一緒ですが、意味も感じ方も異なるものです。

今日は「楽(らく)」と「楽(たの)しい」の違いについて書いていきます。

「楽(らく)」と「楽(たの)しい」の違い

まずは、「楽(らく)」と「楽しい」の言葉の意味を調べてみましょう。

楽(らく)
・心身に苦痛などがなく、快く安らかなこと。
・生計が豊かなこと
・たやすいこと簡単なこと
~デジタル大辞泉より引用~


楽しい(たのしい)
・満ち足りていて愉快な気持ちである
・裕福である。金持ちである。
・作物の出来が豊かなこと
~デジタル大辞泉より引用~


楽(らく)と楽しいでは言葉の意味が違います。英語では、楽(らく)は「easy」で楽しいは「happy」です。

それでは、あなたに4つ質問をします。あなたは、どちらが楽(らく)でどちらが楽しいと感じるでしょうか。

【質問1】
4ピースのジグソーパズルと1000ピースのジグソーパズル、あなたはどちらが楽(らく)で、どちらが楽しいですか?

【質問2】
高低差のないジェットコースターと高低差があるジェットコースター、あなたはどちらが楽(らく)でどちらが楽しいですか?

【質問3】
畑で「かぶ」と「大根」を収穫するとき、あなたはどちらが楽(らく)でどちらが楽しいですか?

【質問4】
楽(らく)になる映画と楽しい映画、あなたはどちらの映画をみたいと思いますか?

楽(らく)と楽しいの違いはいかがでしたでしょうか?答えは人それぞれ状況により違うと思います。

きっと、ジグソーパズルが苦手な人は4ピースを選び、ジグソーパズルを楽しみたいと思う人は1000ピースを選ぶことでしょう。

ジェットコースターが苦手な人は高低差がないジェットコースターを選び、逆にジェットコースターを楽しみたい人はスリルが味わえる高低差のある方を選ぶことでしょう。

そう、私たちは何かを楽しみたいと思うとき、楽(らく)方は選ばないのです。

「かぶ」と「大根」の違い

子ども達に「かぶと大根どちらか1つを自由に収穫していいよ」と言うと、子ども達はどちらを収穫すると思いますか?

答えは「大根」です。

では、なぜ子ども達は「大根」を選ぶのでしょうか?

それは「大根」の収穫の方が難しそうで楽しそうだからです。

子ども達に大根の収穫体験をさせると、みんなで協力をし大根の周りを掘り進めながら収穫をします。そして、無事収穫をできたときに、とても大きな達成感を味わえます。

「大根」が「ごぼう」に変わると収穫の難易度があがり、子ども達は1時間でも土を掘り続け、収穫ができたときには、大きな充実感を味わえます。

一方、大人に「かぶと大根どちらか1つを自由に収穫してください」と言うと、大体の人が楽な「かぶ」を収穫します。

また、大人に「大根を自由に収穫してください」と言うと、大体の大人は「どうやって収穫すればいいですか?」と不自由な質問をしてきます。

「かぶ」も「大根」を収穫することは一緒なのに、子供と大人の違いはどこにあるのでしょうか?

子ども達は知っているのです。

難しいことの方がその後に達成感や充実感を味わえること、難しいことの方が楽しいことを。

物語の法則(ヒーローズ・ジャーニー)

あなたはどんな映画が好きですか?楽(らく)な映画ですか?それとも楽しい映画ですか?

私が好きな映画は「ショーシャンクの空の下」です。

この映画は、冤罪によって投獄された有能な銀行員が、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくストーリーで、最後は感動します。

映画は、苦しいなかでも諦めずに生き抜いていく主人公の姿にワクワクし感動をしますよね。ひたすら主人公が楽(らく)をする映画、主人公がいつも諦める映画をみたいとは思わないですよね。見たとしても虚しさが残りそうです。

感動やワクワクする映画、語り継がれている物語には、一定のストーリー構成『ヒーローズ・ジーャニー(英雄の旅路)』があると言われています。

『ヒーローズ・ジーャニー(英雄の旅路)』を簡単にご紹介します。


1 .日常世界

落ち着きがない、場になじめない、もしくは世事に疎いヒーローが紹介される。ヒーローの人生には何かしらの対立図式が存在し、違う方向にヒーローを引っ張っていてストレスの原因になっている。

2.冒険への誘い

外部からの圧力、または内部の深いところから生じた何かが状況を揺さぶり動かし、ヒーローは変化の始まりに直面させられる。

3.冒険の拒否

ヒーローは未知のものに恐れを感じ、一時的に冒険から逃げようとする。かわりに別のキャラが不安感や先行きの危うさを主張することもある。

4.賢者との出会い

ヒーローは世界を旅する年長者と出会い、訓練に必要な道具、旅の助けになる助言など受ける。もしくは、ヒーロー自身が自分の内面に勇気や知恵の源を見出す。

5.戸口の通過

ヒーローは日常世界を去り、なじみのない決まり事や別の価値観の存在する新しい領域や環境に入っていく。

6.試練、仲間、敵

ヒーローが特別な世界で試練に遭遇し、忠誠を学ぶ

7.最も危険な場所への接近

ヒーローと新たに見つけた仲間が、特別な世界での最大の試練に向け準備を整える。

8.最大の試練

ヒーローは特別な世界の中心に入っていき、死、もしくは最大の恐怖に直面する死の瞬間から逃れることで、新しい人生がやってくる。

9.報酬

ヒーローが死と直面して勝ち取った宝物を手にする。祝祭が行われる場合もあるが、再び宝を失う危険が迫ることもある。

10.帰路

ヒーローは冒険を完了させ、特別な世界を去りたから持ち帰って故郷に引き返す。このとき、敵に追われ切迫した危険な場所となることも多い。

11.復活

ヒーローは故郷の戸口で再び厳しい試練に直面する。もう一度犠牲を払うことで再び死と再生の瞬間を迎え、それによって身を清めたヒーローは今度はさらに高い次元の人間として完成される。ヒーローの行動により物事の始まりからあった両極の対立もようやく解消される。

12.宝を持ち帰っての帰還

ヒーローは成長を遂げ、世界を変える力がある宝を持って故郷に戻るか、そのまま旅を続ける。

参考文献:『物語の法則』 クリストファー・ボグラー&デイビット・マッケナ著


昔から語り継がれている物語(神話)や「スターウォーズ」・「ロードオブザリング」などの有名な映画も『ヒーローズ・ジーャニー』のストーリー構成で物語が作られていると言われています。

では、なぜ『ヒーローズ・ジャーニー』の物語が神話として語り継がれ、また、そのストーリー構成で製作した映画がヒットするのでしょうか?

それは、多くの人が共感できる物語だからです。

では、なぜ多くの人が共感できるのでしょうか?

それは、私たち1人ひとりの人生もまた『ヒーローズ・ジャニー』と同じような物語だからではないでしょうか。

楽しい人生とは?

人生を楽(らく)に生きることは簡単なことです。

楽に生きたいのであれば「何にも望まず、何も考えず、何もしない」を日々実践すれば楽(らく)に生きられると思います。

しかし、「何にも望まず、何も考えず、何もしない」を日々を過ごした人生が終わりを迎えるときに、果たして心から「楽しかった人生」と言えるでしょうか?

子ども達は知っています。

難しいことの方がその後に達成感や充実感を味わえること、難しいことの方が楽しいことを。

しかし、大人になると知識や経験が増える一方、失敗を恐れどこかで自分を守ろうとしてしまいます。

自分を守ろうとするから「いまの自分が安心してできること」しかしません。

でも、それは畑で「かぶ」を抜くようなもので、冒険にでない主人公のようなもので、見ていても生きていても楽しさを感じられないのです。

いまの自分を守るために、楽(らく)な方を選ぶから人生に虚しさを感じてしまうのです。

もし、あなたが人生で楽しいや達成感・充実感を味わいたいと思うときは、日常世界を抜け出し新しい冒険に出てみてください。

まとめ

いまの自分にとって、苦しいことがあり、辛い時期であればあるほど、これからの人生を楽(らく)に生きたいと思いますよね。

もちろん、苦しい状況から逃げだし、楽(らく)な状況を選ぶことも時には大切なことです。

しかし、心が楽(らく)になり、周りの状況が落ち着いたときに、再び新しい冒険にでることも大切です。

新しい冒険に出るときは、誰もが不安を感じ、なかなか自信がもてないものです。それでも、勇気を振り絞って新しい1歩を踏みだし歩み続けていくことで、仲間との出会い、試練とも出会い、それを克服して、やがて感動のエンディングを迎えられる。

そして、最後にその物語(人生)を振り返ったとき、はじめて心から「楽しかった」と思えるのではないでしょうか。

どんな映画でも、最初から失敗をしない最強の主人公はいません。

最初は弱くて自信もない主人公が、何度も失敗を繰り返しながらも諦めないで歩み続け、そして最後に試練を乗り越えるから、そこに感動がうまれるのです。

弱い自分だからこそ、新しい1歩を踏み出してみましょう。

長文をお読みいただきありがとうございました。

新しい旅立ちをサポートする、ライフ・カウンセリング

ライフ・カウンセリングは、6ヶ月間の定額制カウンセリングです。

ライフ・カウンセリングでは、あなたが新たな冒険へ出られるように、心を整えながら新しい1歩をサポートをしています。

「人生を楽しみたい」と思われる方を心からサポートします。

今回のオススメの本

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG