ベッポじいさんの言葉

おはようございます。

心理カウンセリング空の関口です。

農業という仕事のなかでは、ひたすら苗を植えたり、ず~っと草むしりをしたりと気が遠くなるようなものがあります。

そういうときに、先を見ると「まだ、これだけある・・・」という気持ちになり凹みます。

でも、その時に私の中でいつも思い出す言葉があります。

それは、ミヒャエルエンデ著の「もも」道路清掃人のベッポじいさんの言葉です。

「なあ、モモ、とっても長い道路を受け持つことがあるんだ。

おそろしく長くて、これじゃとてもやりきれないと思ってしまう。

そこでせかせかと働き出す。

どんどんスピードを上げてゆく。

ときどき目を上げて見たのだが、いつ見ても残りの道路は減っていない。

だからもっとすごい勢いで働きまくる。

心配でたまらないのだ。

そして、しまいに息が切れて動けなくなってしまう。

でも、道路はまだまだ残っているのだ。

こういうやり方はいかんのだ。

1度に道路を全部の事を考えてはいかん。

わかるか?

次の1歩の事だけ、次のひと呼吸のことだけ、次のひと掃きの事だけを考えるのだ。

いつも、ただ次の事だけをな。

すると楽しくなってくる。

これが大事なのだ。

楽しければ仕事が上手くはかどる。

こういうふうにやらにゃだめなんだ。

ひょっと気がついたときには、一歩一歩進んだ道路が全部終わっとる。

どうやってやりとげたかは、自分でもわからん。

息もきれていない。これが大事なのだ。

気が遠くなる農作業をするときに、必ずベッポじいさんの言葉を思い出し、いま目の前のできることのみに意識を集中させると、気づいたら終わっているものです。

また、ベッポじいさんが本当に言いたいことは、道路を清掃することではなく、人生の生き方について語っていると思います。

そう、長い人生の先を見るのではなく、「いまここ」に集中することで人生は楽しくなれると。

今日も今日を楽しんでいきましょう。

目次
オンラインカウンセリング

今回ご紹介した本

created by Rinker
¥880 (2024/06/22 17:21:22時点 Amazon調べ-詳細)
疲れた思考と心をクリアにしませんか?
オンラインカウンセリング

Pickup

山と渓谷社が発行している登山専門誌「山と渓谷 2021年2月号」にコラムを掲載させていただきました。

単独登山でのお悩み相談から、「登山が心にもたらすもの」として、引きこもりだったA君との登山カウンセリングについて書いておりますので、「山と心」について興味がある方は、ぜひお買い求めください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次