心の天道と人道 

みなさん、こんにちは。
心理カウンセリング空の関口です。

みなさんは、心から尊敬できる人や憧れを感じる人はいますか?

いま、私が尊敬しているひとりが「二宮尊徳(金次郎)」です。

以前は「二宮尊徳」と聞いても「蒔きを担いで勉強している銅像の人」ぐらいしか知らなかったです。しかし、二宮尊徳の思想や功績を知り、その思想は、現代の心理学や人間の生き方にも通ずるものがあると思い、二宮尊徳を勉強するようになりました。

今日は、二宮尊徳の「天道人道論」と「心田開発」について、私の視点を踏まえながらご紹介していきたいと思います。

天道人道論とは?

飢餓や飢饉により荒廃した村や村人を自立させるため、二宮尊徳は村人の心を耕す「心田開発」を行い、数多くの村と村人を自立させました。

その二宮尊徳の活躍のなかで、有名な天道・人道論をご紹介します。

「天道は自然に行われる道で、人道は人の立てるところの道だ。もとより区別が判然としているものを、混同するのは間違いだ。人道は努めて人力をもって保持し、自然に流動する天道のために押し流されぬようにすべきものだ。

天道にまかせておけば、堤は崩れ、川は埋まり、橋は朽ち、家は立ち腐れとなる。人道はこれに反して、堤を築き、川をさらえ、橋を修理し、屋根をふいて雨のもらぬようにするのだ。

身の行いも同様であって、天道は寝たければ寝、遊びたければ遊び、食いたければ食い、飲みたければ飲むという類だ。人道は眠たいのをつとめて働き、遊びたいのを励まして戒め、食いたい美食をこらえ、飲みたい酒を控えて明日のために物をたくわえる、これが人道なのだ」 (「夜話」五〇)

~教養として知っておきたい二宮尊徳より引用~

二宮尊徳は、自然の摂理を天道といい、その天道に対して人が行うことを人道と説きました。

川の流れを天道と人道に例えると・・・

川の流れを例えながら、天道と人道について考えてみます。

川の天道

川は山の高きから流れ低き海に流れ落ちていきます。これは、地球には重力があるためで、地球が誕生してから変わることのない不変的な摂理です。

川の人道1 治水工事

不変的に変わらない川の天道に対して、人が目的を持って行うことが人道になります。

二宮尊徳の時代、大雨が降ると川が氾濫し、田畑が流される被害が多くありました。そこで、川が氾濫しないように、土手をつくり、川の流れを変え、田畑の安定化を図りました。これが人道です。

川の人道2 田に水を引く

川の流れは上流から下流へ、本流に沿って流れ続けます。本流から用水をつくり、田んぼに水を入れ、米を育てることが人道です。

川の水の流れと量は、天道により変わらない。しかし、川の水を田に水を引き込む人道を行うことで、川の水は、流れる水から恵みの水に変化する。

川の人道3 自分を鍛える

みなさんが川で「ゆったりと自然の景色を楽しみたい」と思うときどうしますか?きっと、船やカヌーに乗って川下りすることで、ゆったりと自然を楽しむことができます。

では逆に、川で「自分の体を鍛えたい」と思うときはどうしますか?そうです川の流れに逆らって漕いだり泳いだりすることで、自分の体を鍛えることができます。

川の流れは常に一定です。しかし、そのときの人間の目的と人道によって、川の流れの価値や意味を変えることができます。

心の天道と人道

自然界のものには、天道と人道が存在します。そして、それは私達自身にも存在しています。

身体の天道と人道

人間の身体は、うまれてから20歳前後まで成長する。それ以降は成長が止まり、寿命に向かって衰えていく。これが天道です。

その天道に対して、衰えていく体を鍛え維持すること、病気などを治療すること、これは人道です。

心の天道と人道

私達の心にも天道と人道があります。では、心の天道はどんな作用だと思いますか?

心の天道は「解放」です。

仕事や日々のストレスを抱えた後、雄大な自然に出会ったときフワッと気持ちが広がって、心地よい経験をしたことはありませんか?これは、ストレスで圧縮された心が自然に触れ「解放」されたためです。

私達の心は常に「解放」を求めています。だから、ストレスや辛いことがあると、心が苦しくなるのです。

では、心の「解放」の天道に対して、人道はどんなことでしょうか?

それは「修める」ことです。

修める

行いや人格を正しくする。心や行動が乱れないように整える。
~大辞泉より引用~

心は「解放」が天道で、「修める」が人道です。

現代のストレス社会では、ストレス解消や癒しなど心の「解放」が重要視されています。もちろん、圧縮された心を天道に沿って解放することも大事です。でも、もっと大事なことは、心を「修める」ことです。

なぜならば、天道の行く末は、必ず荒廃が訪れるからです。

天道の行く末は必ず荒廃する。

天道とは、ありのままの自然界です。ありのままの自然はとても優しく、私達を受け入れ安らぎを与えてくれます。でも、それは自然のプラスの天道です。自然にはマイナスの天道があります。それが、自然界にありのまま任せておくと、自然は必ず荒廃することです。

川の流れをありのまま天道に任せておけば、その川は必ず氾濫し、川の周りは荒廃します。夏の田んぼで草むしり(人道)をしなければ、雑草が茂り田んぼは荒廃します。雑木林を放置しておけば、大地に光が入らなくなり、雑木林が荒廃します。

天道は人道を加えないと必ず荒廃します

そして、人間の心も一緒です。心をありのまま天道に任せて「解放」を続けていると、その心は必ず荒廃します。「解放」の天道に対して「修める」という人道を加えることが、人間の魅力を高めていきます。

天道と人道の融合が美しさ

金沢の兼六園や京都のお寺の庭園などを見ると「美しい」と感じるものです。では、なぜ庭園が「美しい」と感じるのでしょうか。それは、天道と人道が融合しているからです。自然の天道と景観の人道が融合されたものに、人は心から「美しさ」を感じることができます。

そして、これも人間の心にも当てはまることです。

ただ、心の解放だけを求めて、いまありのままを生きている人と、心の解放と自分の修めることを融合させ生きている人、どちらの人に魅力を感じると思いますか?

僕は、後者のような人間でありたいと思います。みなさんはどうですか?

まとめ

二宮尊徳が活躍した時代、田畑は荒れ、村人も荒れ、村という社会全体が荒廃していました。そのとき、二宮尊徳はお上に対してこう語りました。

「荒地を開くのに荒地の力をもってし、衰貧を救うに、衰貧の力をもってする」

~教養として知っておきたい二宮尊徳より引用~

村人1人ひとりの心を耕し、その村人1人ひとりがやる気を出し田畑を耕すことで、はじめて村が復興する。だから、最初に行うべきことは、村人の心田開発であると、二宮尊徳は考えたのだと思います。

現代の私達にも、二宮尊徳が行った「心田開発」が必要と思うのは、私だけでしょうか。

参考文献

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG