実りの後に残るもの

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

先日、家庭菜園で大根を収穫しました。

小さな種から大きな実りへ育ち、その実りを美味しくいただくことが家庭菜園の楽しみです。

でも、大根から見たら、どんな気持ちになるでしょうか。

果たして、大根は大根を実らせるために育ってきたのでしょうか。

今日はそのことについて書いていきます。

目次

実りのあとに残るもの

家庭菜園での野菜作りの1番の楽しみは、野菜を育てて実りを収穫し、おいしくいただくことです。

10月に蒔い大根も大きな実りとなり、おいしくいただきました。

家庭菜園では、種から実りを得て、いただくことが一連のゴールとなります。

では、大根にとっては大根を育てることがゴールだったのでしょうか。

そもそも、大根は何の為に大きな根を育てるのでしょうか?

それは、種を残すためです。

大根は、根に栄養をたくさん蓄え、春に白い花を咲かせて、最後はたくさんの種を残します。

キャベツや白菜は、芯を寒さから守るために葉をまき、春になると黄色い花を咲かせて、最後は種を残します。

トマトやきゅうりは、果肉内に種があります。時期になると果肉を落とし、果肉は種の栄養となります。

野菜は実るために生きているのではなく、種を残し次世代を育てるために生きているのです。

これは、私たち人間の人生も同じなのだと思う。

例えば、人生のゴールを何らかの「成功」や「幸せ」といった実りに固執してしまうと、その成功や幸せを得たときに、その状態を維持することが優先され、次にプロセスに進めなくなると思う。

自分たちのことをだけを優先して、子孫を残すこと、次世代のことを考えられなくなると、その文明は、最後は朽ちていくことになると思う。それが自然摂理。

実りは必ず朽ちる。そして、次の種を残す。

人生において、何らかの「実り」を得たときは、「次の種をどうするか?」を問うことで、循環で物事を捉えられるようになり、実りを手放すことにも、恐れはなくなるのだと思う。

家庭菜園をしていると「すべては循環で成り立っている」と感じます。

まとめ

家庭菜園にしても人生にしても、私たちは「実りを得る」ことを目的としてしまいます。

でも、自然界では「実る」ことを目的として生きているものありません。

すべてが循環するように設計されています。

私たちも自然界に生きる動物です。その摂理に合わせて生きていくことが、大事なのではないかと最近は感じます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

疲れた思考と心をクリアにしませんか?
オンラインカウンセリング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次