言葉とは、その人の心を表すもの~禍福の根元~

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

最近、国会議員や大臣などの失言が相次いでいますね。

自分の口から発せられた言葉は取り返しがつかないこと、子どもでもわかっていることなのに、どうして失言を繰り返してしまうのでしょうか?

それは、言葉とは、その人の心を表すものだからです。

今回は、二宮金次郎の「禍福の根元」をもとに「言葉」について考えていきたいと思います。

禍福の根元

最初に二宮金次郎の「二宮翁夜話集」から「禍福の根元」をご紹介します。

禍福の根源

翁の言葉に、禍福は2つ別々にあるものではない。元来一つのものだ。

手近なところで例えれば、庖丁でなすを切ったり大根を切ったりしていれば福(さいわい)だが、もし指を切れば禍(わざわい)だ。つまり柄を持って物を切るか、誤って指を切るかの相違だけなのだ。

そもそも柄ばかりあつまって刃がなければ庖丁でないし、刃があって柄がなければ役に立たない。柄があり刃があって庖丁なのだし、柄があり刃があるのは庖丁の常なのだ。

それなのに、指が切れれば禍といい、菜が切れれば福という。してみれば禍福といっても手前勝手なものではないか。

水についても同様で、畦を立てて水を引けば田地が肥えて福になるし、畦なしで引けば肥土が流れて田地がやせ、言いしれぬ禍になる。これも、畦があるかないかの相違だけで、もともと同一の水なのに、あぜがあれば福となり、あぜがなければ禍となるのだ。

また、富はひとの求めるところのものだけれども、おのれのために求めるときは禍がついてくるし、世のために求めるときは福がついてくる。

財宝も同様で、積んで世のために散ずれば福となるし、積んで散じなければ禍となるのだ。

こういう道理は、誰でも心得ておかねばならない。

引用 二宮翁夜話(上) 発行:一円融合会刊 原著:福住正兄

言葉とはその人の心を表すもの

1本の包丁があるとします。

この包丁は道具でしょうか?それとも凶器でしょうか?

包丁で料理を作り、人を喜ばせれば道具となり、包丁で人を殺めれば凶器となります。

包丁は包丁です。

しかし、包丁が道具になるのか、それとも凶器になるのかは、その人の使い方、すなわちその人の心のあり方に委ねられています。

「料理で人を喜ばせたい」という心であれば包丁は道具になり、「自分の思い通りにならないと許せない」という心であれば包丁は凶器となる。

すべての物事は、それを扱う人間の心ひとつで、道具にもなれば凶器にもなる。

そのことを二宮金次郎は「禍福の根元」として伝えました。

私たちの言葉も包丁と同様で、思いを伝える道具になれば、誰かを傷つける凶器にもなります。

自分の思いを伝えること、相手の思いをくみ取ることに言葉を使えばコミュニケーションの道具となり、自分勝手な言葉や相手を傷つける言葉は凶器になります。

「口は心の門」ということわざがあるとおり、心の中で思っていることは言葉として出てしまうものであり、逆に心の中で思ってもいないことは、言葉にすることはできません。

よって、言葉とはその人の心を表すものです。

最近、国家議員や大臣の失言が問題になっています。

なぜ、国会議員や大臣の失言が繰り返されてしまうのでしょうか?

それは、その言葉がその人の心を表すものだからです。

ある党が「失言防止マニュアル」を作成したそうです。

「失言防止マニュアル」を読んで「失言に気をつけよう」と思ったとしても、これからも失言は続くことでしょう。

それは、その人が日頃思っていることを言葉にしたら、それが「失言」になるからです。

何を言うか言わないかではなく、日頃何を思っているか、どういう人間かが重要だからです。

確かに、最近のマスコミは発言を意図的に切り取りして「失言」を作り上げているところもあります。

しかし、国会議員や大臣の本質は、失言をしないようにするのではなく、1人ひとりがどんな心持ちで職務にあたるのか?、どんな心で国民と接するのか?を真摯に考えることではないでしょうか?

二宮金次郎は「富はひとの求めるところのものだけれども、おのれのために求めるときは禍がついてくるし、世のために求めるときは福がついてくる。財宝も同様で、積んで世のために散ずれば福となるし、積んで散じなければ禍となるのだ」と語っています。

少し言い換えると「地位は人の求めるところのものだけれども、己のために求めるときは災いになり、世のために求めると福となる。学問も同様で、積んで世のために散ずれば福となるし、積んで散じなければ災いとなるのだ」になります。

二宮金次郎が荒れ果てた数多くの村を立て直せたのは、農民から信頼できる政治家だったから。

そして、信頼できる政治家だったからこそ、農民1人ひとりもやる気がでたのではないでしょうか?

いつの時代も、政治のための政治家ではなく、国民のための政治家であってほしいものです。

まとめ

なんだか、政治家を批判するような文章になってしまいましたが、大事なことは、他者の発する言葉を批判することではなく、自分自身が発する言葉を意識することです。

心に思うことは言葉にできて、心にも思わないことは言葉にすることもできません。

言葉とは、その人の心を表すもので、人間性そのものです。

日々の言葉が、これからの心をつくっていきます。

言葉をとおして心を知り、言葉をとおして心を育み、人間性を高めていく。

何気なくつかう言葉だからこそ、その言葉の大切さをいつも忘れてはいけませんね。

ここまで、お読みいただきありがとうございます。

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG