心の草むしりをしよう~己に克つのが人道~

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口剛史です。

春本番になりました。

近くの田んぼでは、畦の整備も終わり、田植えの時期を迎えようとしています。

田んぼに水を入れ稲を植えると、ひえ(雑草)も一緒に育ちます。

田んぼでは、稲(米)だけを効率よく収穫したいところですが、雑草も一緒に育つのが自然の天道です。

この天道は私たち1人ひとりの心の中にもあります。

新年度、心に「変化」や「新しいこと」の種を蒔くと、「不安」や「面倒」といった種も一緒に育ちます。

心にプラスの物事を育てようとすると、必ずマイナスの物事も一緒に育ちます。

プラスとマイナスの相反する葛藤のなかで、どうすればプラスの結果になるでしょうか?

二宮金次郎は「己に克つのが人道である」と説きました。

今日も二宮金次郎の言葉を借りながら「心の草むしり」について書いていきます。

己に克つのが人道

最初に二宮金次郎の「二宮翁夜話集」から「己に克つのが人道」をご紹介します。

己に克つのが人道

翁のことばに、天理と人道との差別を、よく弁別できる人は少ない。

およその人の身があれば欲があるのは天理であって、田畑に草が生ずるのと同じことだ。

堤は崩れ、堀は埋まり、橋は朽ちる、これがすなわち天理なのだ。

そこで人道は、私欲を制するのを道とし、田畑の草をとるのを道とし、堤は築き立て、堀はさらえ、橋は掛け替えるのを道とする。

このように、天理と人道とは別々のものだからして、天理は万古変わらないが、人道は1日怠ればたちまちすたれる。

だから人道はつとめることを尊び、自然にまかせるのを尊ばない。

そうして、人道につとめるべきことは、「己に克つ」という教えだ。

「己」とは私欲のことだ。

私欲は、田畑にたとえれば草だ。「克つ」とは、この田畑に生ずる草を取り捨てることをいうのだ。

「己に克つ」ということは、わが心の田畑に生ずる草をけずり捨て取り捨てて、わが心の米麦を繁茂させる勤めのことだ。

これを人道というのであって、論語に「己に克って礼儀に復(かえ)る」とあるのは、この勤めなのだ。

引用 二宮翁夜話(上) 発行:一円融合会刊 原著:福住正兄

心の草むしりをしよう

田んぼに水を張り、稲を植えると、ひえ(雑草)も一緒に育ちます。

小さいときの「稲」と「ひえ」の姿はよく似ていて、よく見ないとわかりません。

見た目が似ているから、草むしりが面倒だからと「ひえ」を放置しておくと、夏過ぎ頃に「ひえ」は「稲」よりも大きく育ちます。

大きく育った「ひえ」は、「稲」の生育を遅らせ米の収穫量を減らす一方で、秋にたくさんの「ひえの種」を実らせます。

その「ひえの種」を田に落とすと、来年はもっと「ひえ」が育ち、そのうち「ひえ」だけが育つ田んぼになります。

これが自然の仕組みです。自然は、人間に優しさや安らぎを与えてくれる一方で、生きるための厳しさも与えます。

二宮金次郎はこの仕組みを「天道」と説きました。

秋に米の収穫量を増やすには、面倒でも「ひえ」を抜く必要があります

大きく育った後の「ひえ」を抜くのは、とてもとても大変な作業のため、「ひえ」を抜くタイミングは「ひえ」も「稲」も育つ前の初夏になります。

ぬかるんだ田んぼで、小さな「稲」と「ひえ」見極めながら草むしりをするのも大変な作業で面倒です。

しかし、小さなうちから悪い芽を摘むことが、結果として1番効率的になるものです。

二宮金次郎はこのことを「人道」と説きました。

「米づくり」も「自分づくり」も一緒のことです。

新年度、心に「変化」や「新しいこと」の種を蒔くと、「不安」や「面倒」といった種も一緒に育ちます。

心にプラスの物事を育てようとすると、必ずマイナスの物事も一緒に育ちます。だから、私たちの心には迷いや葛藤が常にあります。

迷いや葛藤を感じたとき、「不安」や「面倒」を優先させ続けると、心の中は「不安や面倒」だけが育つ場となり、日々の気力を見失ってしまうものです。

そうならないためにも、小さなうちから「不安」や「面倒」などの悪い芽を摘む努力をしましょう。

具体的には、不安だと思っても少しチャレンジしてみること、面倒だと感じてもあえて動き出してみることが、悪い芽を摘む努力になります。

春、田んぼに稲を植えると、秋の収穫が楽しみになります。しかし、収穫を楽しみに待っていただけでは田んぼは「ひえ」で埋め尽くされてしまいます。

秋の収穫が楽しみだからこそ、いまが面倒でも「ひえ」を抜く努力、未来を信じるから今を少し頑張れるのが人間です。

「米づくり」も「自分づくり」も一緒のことです。

誰の心にも「不安」や「面倒」と感じる弱い気持ちはあります。

「不安」や「面倒」を感じたときに、面倒でも己に克って1歩踏み出してみよう。

未来のため自分のため、今の自分が少し努力してみよう。

その努力が、心に「あなたらしさ」という実りをもたらすのだから。

まとめ

田んぼに稲を植えれば、ひえも一緒に育つ。

プラスの物事を育てようとすると、必ずマイナスの物事も一緒に育ちます。

そして、この矛盾や葛藤のなかで、いろいろ悩んで解決策を考えたり、不安のなかでもチャレンジしたりすることで、プラスの物事がかたちになります。

逆に言うと、マイナスの物事に向き合い己に克つことでしか、プラスの物事はかたちにはならないと思います。

自然摂理の中では、「稲」も「ひえ」も同じ植物で、「良い植物」も「悪い植物」もありません。

プラスもマイナスも良いことも悪いことも、それは自分の心が決めていることです。

すべて自分の心が決めていることだから、己に克つことでマイナスをプラスに変えられるのだと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG