不自由の中にある自由

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

息子のサッカーの試合を見ていると、サッカーはとても不自由な競技だと思う。

手を使うことができればもっと楽なのに、「オフサイド」がなければもっと簡単に点数を入れられるのに、ルールという制約がなければ、もっと自由になれるのに。

バスケットボールはボールを持って3歩以上歩いてはならない、野球は細いバットでボールを打たなくてはならない、ラグビーは自分よりも前にパスを出してはならない、どうして球技スポーツはプレイヤーが不自由なルールばかりなのだろうか?

それは、不自由なルールがあるからこそ、そこにプレイヤーとしての楽しみと感動があるから。

敵も味方もプレイヤー全員が「不自由なルール」を受け入れ、そのルールの中で、ドリブルやパス・チームワークを発揮するから、ゲームに楽しみや感動が生まれる。

 

私たちが生きていくこと、それもとても不自由なこと。

物事が自分の思いどおりに進まないし、自分の思いどりに人は動かない。

もっと自由になりたいと思うのだけど、逆にどんどん自分が不自由になっていく。

 

ところで、自由とはどんな状態なのでしょうか?

なにもルールがないことが自由なのでしょうか?

すべてが自分の思いどおりになることが自由なのでしょうか?

そんな自由の先に、楽しみや感動はあるのでしょうか?

 

私たちは、とても不自由な中で生きている。

不自由の中で生きているからこそ、色々と考えたり、誰かと助け合ったり、新しいアイディアが閃いたりするもの。

「自分は不自由だ」と感じるときは、その不自由を受け入れよう。

生きるとは不自由であることを受け入れることができたとき、きっと本当の楽しみや感動、自分としての自由が見いだせるものだから。

私たちは長い人生を歩む間に、どうにもならない不愉快な立場に立たされることが多い。

それはどうにもしようがない。選択は私たちの自由である。

そういう立場を天命として受け入れ、それに自分を順応させることができるか、あるいは、一生を台無しにしてまでも反抗し、神経衰弱になるか、いずれかである。

デール・カーネギ Dカーネギー 名言集より引用

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG