自分の価値は自分にはわからない

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

受験や仕事に失敗をした・・・、友達のLINEグループから仲間外れにされた・・・、うつ病になってしまった・・・、そういうとき「自分には価値がない」と思うことがありますよね。

私も以前は「自分に価値がない」と思っていました。「価値がない自分なんて消えてしまったほうがいい」と思ったこともありました。

でも、自分の価値とは、いったいどんな価値なのでしょうか?誰にとっての価値なのでしょうか?

自分の価値は自分にはわからないものです。

今日は大根と猫の例え話を入れながら「自分の価値」について考えていきます。

大根の価値は?

ここに1本の大根があります。

この1本の大根、あなたにとってどんな価値があるでしょうか。

サラダの主役としての大根、サンマの付け合わせとしての脇役としての大根、おでんの中の共同体としての大根。

1本の大根でも、料理ひとつで大根の価値は大きくかわります。

また、大根は食材としての価値以外にも価値があります。

今日あなたが食べる大根。その大根はいまから3ヶ月前、まだ小さな種でした。

これが「大根の種」と知らない人には、価値のない小さな粒に見えてしまうかもしれない。

でも、種を蒔いた人は「無事に発芽するかな?」と期待と不安の「ワクワク」を感じられる。

種を蒔いてしばらくすると小さな芽が芽生える。

もしかしたら、大根自身は「こんなちっぽけな芽で何ができるんだ・・・」と思っているかもしれない。

でも、種を蒔いた人は、小さな種から無事に芽が出たことに「よろこび」を感じられる。

無事に育った大根は一斉に収穫期を迎える。

多くの大根は出荷され、ある大根はサラダに、ある大根はおでんに入り、大根として多くの人に「おいしい」価値を提供する。

その一方で、歪んでしまった大根、傷がついてしまった大根は、出荷されずに畑に残ってしまう。

でも、まだ大根としての価値が終わったわけではない。

畑に残った大根は、子供達に収穫体験として「よろこんで」もらえる。

しかも、自分で抜いた大根は、どんなに歪んでいようが、どんなに傷をついていようが、子供達は「おいしく」食べてくれる。

子供達にも抜いてもらえなかった大根。その大根には価値がないのだろうか?

いえいえ、畑に残ってしまった大根は白い花を咲かせる。

大根の花を見た人に「大根も花が咲くんだ!」と「おどろき」を与えてくれる。

最後の最後まで畑に残ってしまった大根に価値はないのだろうか?

花が咲き終えた大根は、根の養分がなくなりもう大根には見えない・・・。

でも、最後の最後に残った大根は、小さな種をたくさん残す。

そして、その小さな種をまた畑に蒔けば、再び大根として、多くの人にいろいろな価値を提供することができる。

大根の価値、それは食材として「食べられる」ことだけではありません。

大根は、関わったすべての人に多くの価値を提供してくれています。

大根自身がそのことに気づいているかどうかは別として・・・

あなたにとっての猫の価値は?

2017年は猫ブームでしたね。猫カフェや猫写真集・猫島も有名になりました。

あなたにとって猫はどんな価値がありますか?

猫好きの人には、猫を見ていると「かわいい」や「癒される」・「和む」などのプラスの感情を味わえ、価値ある存在になります。

逆に、猫嫌いの人は「鼻がかゆくなる」・「犬に比べて自分勝手」などの理由でマイナスな感情を味わうので、価値がない存在になります。

では、猫本人は「自分に価値がある」とか思っているのでしょうか?

「自分には猫としての価値がない・・・」、「あの三毛猫に比べて、私の毛並みはよくない。だから私には価値がない」と落ち込んでいる猫を見たことがありますか?

猫ブームが起きようと、猫に価値があろとうとなかろうと、毛並みがどうであろうと、猫は猫です。猫は自分の価値なんて考えてない。

だって、猫そのものに「価値」があるのではなく、猫を見た人が勝手に「価値」を感じているだけだから。

同じ猫を見ても、猫好きの人は「プラスの価値」を感じ、猫嫌いの人は「マイナスの価値」を感じます。

よって、「価値」とは相手の主観(好み)によって「プラス」にも「マイナス」にもなるもの。

人間社会が猫ブームになろうとも、猫は猫として今日を生きているだけ。

そんな猫の「自分らしい生き方」に私たち人間は「癒される」のかもしれません。

 

自分の価値は自分にはわからない

大根の価値は、大根に関わる相手のタイミングで変わります。

食材としての「おいしさ」や収穫体験としての「たのしさ」の異なる価値が大根にはあります。

猫の価値は、猫に関わる人が「猫好きか否か」で変わります。猫好きの人から見れば猫は「価値ある存在」ですが、猫嫌いの人から見れば「価値がない存在」です。

大根にしろ猫にしろ「自分の価値」とは、自分に関わる人のタイミングと主観により変わるものです。

よって、「自分の価値」は自分ではわからないものなのです。

価値とは関わる相手が勝手に感じとることだから。

「自分に価値がない」と思うとき・・・

生きていると「自分に価値がない」と思うときがありますね。

でも、「自分の価値」とはいったどんな価値なのでしょうか?誰にとっての価値なのでしょうか?

「自分に価値がない」と思うとき、もしかしたら、誰かの価値基準で自分のことを見ていませんか?

勉強できないから、受験に失敗したから自分には価値がない・・・、友達のLINEグループから仲間はずれにされてしまったから自分には価値がない、うつ病になってしまったから自分には価値がない・・・

社会や友達など、誰かの価値基準で自分のことを見てしまうから「自分に価値がない」と思っているだけではないのかな。

大根にしろ猫にしろ「自分の価値」なんて考えていない。

ただ、大根や猫として今を自分らしく生きているだけ。

あなたがあなたらしく生きて、それをどう感じるのかは、あなたに関わる相手のタイミングと価値基準の問題で、あなたにはどうすることもできないこと。

あなたがあなたらしく生きることが、本当の「あなたの価値」ではないのかな。

今まであなたが生きてきたなかで、あなたの存在そのものに価値を感じている人もたくさんいる。それに、今日1日を普通に生きていられることだって、とっても価値があることだよね。

「自分の価値」を探したいとき、少しだけあなたらしさの表現をしてみよう。

あなたの本当の価値は、あなたらしさの後に勝手についてくるものだからね。

まとめ

悩んでいるときや挫折しているとき、「自分には価値がない」と、どうしても考えてしまいますよね。

でも、その価値基準は、相手の主観で大きく変わるものです。

それなのに、相手の主観や価値基準に自分を合せてしまうと、最後は自分を見失ってしまいます。

「自分に価値がない」と思うのは、心の底で「自分らしく生きたい」と思っているからではないのかな。

自分らしく生きること、自分を表現すること、それは少し勇気がいることかもしれない。もしかしたら、友達に嫌われてしまうかもしれない。

それでも、ちょっと勇気をふりしぼって、自分らしく自分を少し表現してみようよ。

誰かに決められた価値基準に合せるよりも、自分の価値は自分で少しずつ育てていくほうが、人生は楽しいものだから。

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG