悩むときほど、顔を上げて行きたい方向を見続けよう

みなさん、こんにちは。
心理カウンセリング空の関口剛史です。

今年も9月後半となり、季節は秋になりましたね。

「読書の秋」・「食欲の秋」・「スポーツの秋」など、秋はなにをするにも心地良い季節です。あなたはどんな「秋」を楽しんでいますか?

私は「秋空」を楽しんでいます。

秋は、空気が透きとおり空が高く見えるので、青空の日に、空を見上げて深呼吸すると心がホッとします。

悩みや問題を抱えてしまうと、どうしても顔が「うつむいて」しまいます。また、いまのスマホ時代では「うつむいて」スマホを操作している人が大半です。

しかし、顔が下に「うつむく」と気分も一緒に「うつむいて」しまいますので、今年の秋は顔を上げて「秋空」を楽しんでみませんか?

悩んでいるときほど顔を上げよう

人は1人ひとり個性も価値観も違うため、人が抱える悩みも1人ひとりが違う物です。

しかし、悩みを抱えた人にはいくつかの共通点があります。そのひとつが「姿勢」です。

人は大きな悩みを抱えると、顔は下にうつむき、肩が内側に入り込み、呼吸が浅くなります。心理カウンセリングに来られる方は、大体の方がこの姿勢です。

私もうつ病で生き方に悩んでいるときは、いつも下を向いて生きていました。いつも下を向いていると、見えるのは自分の影ばかり。だから、これからのことを考えることなんてできませんでした。

心と体と思考はすべてがつながっています。

顔がうつむくと、頭の重心が前寄りになり、肩が内側に入り込みます。肩が内側に入ると胸が圧迫され、呼吸が浅くなります。呼吸が浅くなると、酸素量が減り、脳の思考力が低下します。

脳の酸素消費量は、体全体の20%と言われています。

悩んでいるとき落ち込んでいるときに、新しい考えができないのは、顔がうつむき、呼吸が浅くなっていることが関係していると、私は思います。

だから、悩んでいるとき、落ち込んでいるときほど「顔を上げて深呼吸」をしてみてください。

姿勢が変われば、心が変わる。心が変われば、思考も変わる。

悩むときほど行きたい方向を見続けよう

話しは変わりますが、私は20代の頃に、1100ccの大型バイクを乗って、日本中をツーリング(バイク旅行)をしていました。

私は、バイクでひなびた温泉に行くのが趣味で、大型バイクで狭い山道を走っていました。そのとき、カーブの角度を見誤り「カードレールにぶつかる」という危険な経験をなんどもしました。

スピードに乗った大型バイクは、ハンドルを操作しても曲がりません。大型バイクを曲げるには、曲がる側にバイクを傾ける必用があります。

だから、バイク乗りにはひとつの鉄則があります。

それは「行きたい方向を見続けろ!」という鉄則です。

人間は危機に直面すると、どうしても危機がある方向を凝視してしまいます。

例えば、ガードレールにぶつかりそうなときは、恐怖から「ガードレール」を凝視してしまいます。

しかし、ガードレールを凝視すると、緊張により体が硬直ししバイクを傾けることができなくなります。その結果、凝視した方向にバイクが進み、ガードレールにぶつかってしまいます。

逆に、恐怖を感じるときほど、行きたい方向を見続けることで、自然と体が行きたい方向に傾き、スピードが乗っている大型バイクでもカーブを鋭角に曲がることができます。

「行きたい方向を見続けろ!」

この鉄則は、バイク乗りだけではなく、私たちの日々の生き方にも言えるのではないでしょうか?

顔を上げて行きたい方向を見続けよう

人は大きな悩みを抱えると、顔は下にうつむき、呼吸が浅くなり、思考が低下してしまい、健全的な考えができなくなります。

また、人は恐怖を感じると、そのことを凝視してしまい、緊張により体が硬直し、結果的に恐怖と感じることにぶつかってしまいます。

だから、大きな悩みを抱えてしまったときや、これからが恐いと感じるときには、顔を上げ、行きたい方向を見続けることが大切です。

そして、もっと大事なことが、顔を上げられるように、行きたい方向・目標を自分の中で明確にしておくことです。

しかし「悩んでいるときに、自分が行きたい方向や進むべく目標なんてわからない」と思いますよね。その気持ち、私もよくわかります。

でも、ここで大事なことは「正しい目標」を設定することではなく「いま顔を上げ、その先を見続けるための目標を設定する」ということです。

だから、目標はとりあえずでもいいです。

例えば「1週間のうち1日1回は秋空を見上げ深呼吸をする」という簡単な目標でも大丈夫です。

大切なことなので、もう1回書きます。

「正しい目標」を設定するのではなく「いま顔を上げ、その先を見続けるための目標を設定」してください。

この時期の空は、空気が透きとおって高く見えます。

ぜひ、秋空を見上げ肩を広げながら思いっきり深呼吸をしてください。まずは、思考と心をクリアにしてください。

そのうえで、あなたが顔を上げその先を見続けたくなるような、簡単な目標を設定してみてくださいね。

顔を上げ目標を見続けることで、自然とそちらに向かっていくものだから。

まとめ

悩んで、落ち込んで下を見て歩いていても、自分の影が見えるばかりで、気持ちは落ち込むばかり。思考もまとまらず、考えつくのはネガティブなことばかり。

心と体と思考はつながっています。

直接心を変えることはできませんが、姿勢は変えることができますので、ぜひ、顔を上げて秋空を眺めてみてください。

「読書の秋」・「食欲の秋」・「スポーツの秋」など、秋はなにをするにも心地良い季節です。

あなたはどんな「秋」を楽しみたいですか?

ぜひ、あなたならではの「秋」を見つけてみてくださいね。

長文をお読みいただき、ありがとうございました。

心が軽くなるカウンセリング

悩んで、落ち込んで下を見て歩いていても、自分の影が見えるばかりで、気持ちは落ち込むばかり。思考もまとまらず、考えつくのはネガティブなことばかりです。

そういうときは、カウンセリングで心を軽くしてみませんか?

2時間のゆっくりカウンセリングで、心と思考が軽くなるようにサポートします。

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG