過去も未来も「いまここ」が決めている。

おはようございます。

心理カウンセリング空の関口です。

クロみたく「いまここ」を生きること。

僕が「いまここ」を生きる大切さを実感したことがあります。

 

以前の僕は、うつ病になった事をとても後悔して、また仕事をしたら再発するのではと恐れていました。

自分の人生の過去を後悔して未来を恐れる。

心は過去と未来に生きていて「いまここ」を生きていませんでした。

その時は、生きていることがとても苦しかったです。

それでも、自分の人生をなんとかしたい。

その思いから1つの考え方に出会いました。

過去の未来も、すべて今の自分が決めている。

うつ病になったことを後悔すること。うつ病を再発することを恐れること。

これを分解して考えていくと、過去にうつ病になったという事実に対して、いまの自分が後悔を感じていて、これからうつ病になるという恐れも、いまの自分が未来の恐れを感じているということ。

後悔も不安も、今の心が感じていること。

そして、今の心が感じることを変えていけば、後悔も不安も変えていけるということ。

僕はその事に気づいてから、うつ病になったという事実に対して、後悔を感じていくことをやめました。

 

僕らの心はどうしても、過去の事実や未来に対して意味をつけてしまう。

そして、自らつけたその意味に悩みや苦しみを見いだしてしまう。

でも、変えられない過去と、これから変えられる未来に、意味をつけているのは、いまの自分の心。

”いまここ”の心を意識して変えようと思えれば、過去も未来の意味はいくらでも自由に変えられる。

最後に、僕が好きな言葉を書いておきます。

他人と過去は変えられない、変えられるのは、自分とその未来だけ。

誰にだって、”いまここ”からの自分と未来を変えていける自由をもっているから。

 

疲れた思考と心をクリアにしませんか?
オンラインカウンセリング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次