AI化時代で必要になること

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

 

最近はAI(人工知能)の記事をよく目にします。

とある研究機関の研究結果では、今から10~20年後の日本では49%の仕事が人間からAIの労働力に入れ替わる可能性があるといわれています。

 

いまから約10年前、スマートフォンはありませんでした。

この10年間にスマートフォンやSNSが急速に発達し、生活やコミュニケーションが便利になりました。

 

でも、反面に駅では「歩きスマホはやめましょう」と頻繁にアナウンスが繰り返され、電車の中を見渡すと、ほとんどの人がスマホ画面とにらめっこしている。スマホ依存症という言葉もできました。

20160621

この人間の状態で、社会にAIが普及すると生活は便利になるけれど、「AIにまかせるのではなく、自分のことは自分の頭でしっかり考えましょう」というような注意喚起がされたり、スマホの画面にAI指示が表示され、その指示されたとおりのことしか出来ない人が増えたり、AI依存症なる人が増えて、先の研究結果のような社会が現実になるのではないでしょうか。

自動車の自動運転も研究されています。きっと、10年もすれば実用化されることでしょう。

でも自動運転化された車の中で、人は一体なにをするのでしょうか?

もしかしたら車の中でVR(バーチャルリアリティ)のドライビングゲームを楽しんだりして、より現実からバーチャルへシフト(逃避)してしまうのではないでしょうか。

よく、AIと人間の知能、どちらが優秀であるか?と問われます。

でも、私達がいま問うべきことは、どちらの知能が優秀であるか?ではなく、なぜ人間にだけ”心”や想像力というものがあるのか?という問いをもつことではないでしょうか。

雄大な自然を見たときに、心から”きれい”と感じること、

2016-06-02 11.54.11

動物を見て”かわいい”にと感じること

20160523_120322

困った人を見かけて「どうしたの?」と問いかけること、きっとこれはAIにはできないことだと思います。

 

私達ひとりひとりの内側にある心や想像力を育てていくことが、これからのAI時代には必要になるのではないでしょうか?

疲れた思考と心をクリアにしませんか?
オンラインカウンセリング

Pickup

山と渓谷社が発行している登山専門誌「山と渓谷 2021年2月号」にコラムを掲載させていただきました。

単独登山でのお悩み相談から、「登山が心にもたらすもの」として、引きこもりだったA君との登山カウンセリングについて書いておりますので、「山と心」について興味がある方は、ぜひお買い求めください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次