「もう、あの悩みなど忘れてしまいました」

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

今回は『ライフ・カウンセリング』を受けたT.F様の感想をご紹介します。

T.F様は、過去の職場の人間関係のストレスからうつ病を患いました。

職場を変えたことで人間関係は改善されましたが、気分を安定させるため抗うつ薬は飲み続けていました。

しかし、事件が起きました。人事異動により、新しい職場も過去の職場のような人間関係になってしまいました。

安定していたT.F様の気持ちは崩れはじめ、薬だけでは気持ちを安定できないとのことで『ライフ・カウンセリング』にお申込みいただきました。

今回はT.F様よりいただいた『ライフ・カウンセリング』の感想をご紹介します。

もう、あの悩みなど忘れてしまいました。(T.F様 40代 女性)

T.F様

ライフ・カウンセリングを受けた理由は、自分を変えたい、変わりたい、苦しみから逃れたい、少しでも前向きになりたい、からでした。

毎日、日記をつけるようになり、自分は何も感じず考えず、実際には変えようとすらしていないことに気が付きました。

感謝できることが最初は見つけられなかったです。

「どんなに小さなことでも感謝できることは沢山あるものです」と言われ、日常生活の中で目を凝らすといろいろなことが見えるようになりました。

人・モノ・環境…色々な物の中 で生きていることを再確認しました。

当初悩んでいたことが小さくてくだらないものに感じて時間が無駄だと思うようになりました。

もっと自分が求めているものは何か?それを追求したくなりました。

もう、あの悩みなど忘れてしまいました。

もっともっと大切なことがある。

何のために生まれてきたのか?それを思い出して実行していこうと思います。

困難にぶつかっても、落ち込まず、見方を変え解決に向けてチャレンジしていける気持ちになりました。

日記は続けていきたいと思います。

関口様に出会えたことに感謝いたします。ありがとうございました 。

悩んでいたことが小さく感じる理由

SEKIGUCHI

はじめてお会いしたとき、職場の人間関係のことで悩みがあり、心がいっぱいいっぱいの感じでした。

最初は職場の人間関係をどうにかしたい、悩みをなくしたいというご相談でしたが、『ライフ・カウンセリング』を2回目3回目と重ねていくうちに、職場の人間関係をどうにかすることよりも、これからの自分がどうありたいのか?というお話になってきました。

その頃から、顔の表情も笑顔になり、話す言葉も前向きになり、その姿を見て私も嬉しく感じました。

今までの悩みが小さく感じるのは、それだけご自身の心が広がったからです。そして、心が広がった分だけ今までとは違う世界の見方になります。

これからもチャレンジ精神を大切にして一歩一歩と前に進んでいきましょう。

素敵な感想ありがとうございました。

P.S

ライフ・カウンセリング終了後しばらくしてから、T.F様は長年患ったうつ病からも卒業されたそうです。

お世話になった心療内科の先生から「もう、大丈夫ですね!」と言ってもらえたことが、とても嬉しかったそうです。

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG