たらいの水

みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

 

今日は二宮金次郎の言葉を借りて

私が感じることを書いていきます。

 

たらいの水は自分の方へと

かき集めようとすると逃げてゆくが

相手の方へと押しやろうとすればするほど

不思議なほどに自らに返ってきてしまう。

 

”たらいの水”の言葉を

”幸せ”と置き換えてみてください。

 

幸せは自分の方へとかき集めようとすると逃げていく

 

幸せを相手へ押しやろうとすればするほど

不思議なほどに自らも幸せになっててしまう

 

ついつい、私達は自分が幸せになれるように

ゴールなきなにかを追い求めてしまいがちです。

以前の私もそうやって生きていました。

 

でも、生きていくうえで大事なことは、

幸せ は追い求めることではなく

自分から 幸せ を与えていくことなのです。

 

では、自分から幸せを与えるとはどういうことでしょうか?

 

みなさんが日々の日常の生活のなかで

人からされて嬉しい~・幸せだな~と

感じることはどんなことですか?

 

きっと、身近な人から言われたちょっとした言葉であったり

身近な大切の人の笑顔であったりするのではないでしょうか。

 

鎌倉時代の僧である親鸞の言葉に

「有縁を度す」という言葉があります。

 

有縁を度すとは

自分の身近な人を助けるということです

 

 

自分から人に 幸せ を与えるということは

 

人に何か特別な物事を与えることではなく

お金や特別な能力、どこか別の環境が必要なわけでもなく

自分が日常の中で嬉しい・幸せだと感じることを

自分から自分の身近な人々に行っていくことだけです。

 

それは、二宮金次郎が活躍した1800年代も

文明技術が発達した現代でも変わりがないことです。

 

二宮金次郎は、飢饉が起こった時代に

田畑を耕す前にまずは人の心を耕す

必要があると説いた人でした。

140812_1_thumb.jpg

 

二宮金次郎は農民に対して、

人が生きる為に必要な食料を作るよりも

なぜ人は生きていくのか?

人が生きていくうえで何が大切なのか?

を伝えた人なのだと思います。

 

今の現代は生活はとっても豊かになりましたが、

でも、どこか心が満たされないような時代です。

 

だからこそ、

昔の人の生きていくうえで大切なこと教えを

思い出す時期なのかもしれませんね。

 

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG