たき火とやる気の意外な関係性

おはようございます。

心理カウンセリング 空の関口です。

 

いきなりですが、みなさんは

マッチ1本と自然界にあるもので、 

火 を起こすことができますか?

13981219763195

 

 

最近は手軽に火を扱えないので、

火を起こすことができない方が多いようですね。

 

さて、火 を起こすときの

最大のコツはどんなことだと思いますか?

13981219739653

 

そうですね、最初は燃えやすい枯れ枝や枯葉に火をつけ、

13981219696950

 

徐々に火を大きくしていき、大きい木に火を移していき、

最後に火を安定させることです。

13981219713591

 

燃えやすいものは持久力がなく、

持久力があるものは最初は燃えづらい。

 

この自然界の仕組みを理解したうえで、

燃えやすい物と持久力があるものを組み合わせることが

火を起こすときの最大のコツです。

 

実はこの 火を起こす ときのコツは、

人の心の【やる気】を起こすコツであったりもします。

 

人も 心に火をつけて 何かをはじめようとするとき

最初は「よしやるぞ!!」と気合いが入るけど、

3日目程度から「やっぱり自分は無理」と諦めてしまうのは、

燃えやすいものだけに火をつけてしまったか、

持久力があるものにいきなり火をつけようとしたのか

どちらに原因であることが多い。

 

燃えやすいものは持久力がなく、

持久力があるものは最初は燃えづらい。

 

何かを新しくはじめようとするときは、

まずは燃えやすいものに火をつけること。

それは、まずは いまから できる

小さな1歩を継続して続けて

生活の中の習慣まで落とし込むということ。

 

例えばダイエットであれば、

いきなり5kg~10kgを落そうとするのではなく、

とりあえず、毎日体重計に乗るところからはじめる。

そして、体重計に乗る習慣ができたら、

次に1週間をとおして1kgのダイエットにチャレンジしていくなど、

小さな1歩から徐々にStepupをしていくこと。

 

小さな種火が大きい木に移ったときに

火は自然と安定をするもの

 

心も日々の小さな1歩の継続が、

やがて安定したものに変わっていくものです。

 

いきなり やる気の炎 を燃やそうとするのではなく、

まずは いまからできる 小さな種火の火をつけて、

コツコツと自分の中の火を大きくしていきましょう。

 

 

【悩みの3段活用講座】

  悩み を ちから にかえるフレームワーク

 として4月26日(土)、5月24日(土)の

 2回連続講座として開催します。

 

 今回の講座の中で行うワークは

 実際に私がカウンセリングで用いているワークを

 わかりやすいワークシート形式にして、

 参加者同士がシェアをしながら、

 悩みの原点に気づいていくものです。

 

 今回のワークシートは悩みを抱えたときの

 セルフカウンセリングでも使えるものですので、

 【悩み方】をお学びたい方に最適な講座です。

 詳しくは↓をご確認ください

https://counselling-sora.com/archives/activity/20140328

 

 

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG