米づくり日記 28

今年もお米作りもいよいよ終盤。

先日、脱穀した籾を

 

籾すり機という機械にとおすと、

 

 

籾と玄米に分解していいきます。

籾はくん炭にして、畑に蒔いたり、鶏舎にまくことに使います。

 

 

そして玄米は

 

町でよく見かける精米機に通すことで、

 

ようやくいつも見る白米になります。

 

5月初旬に種を蒔いて、6ヶ月後の11月に、

ようやくいつものお米になりました。

 

いつも食べているお米、

そのお米もどこかで誰かが育てたもの。

 

ただ、スーパーで買ってきたお米と思うより、

どこでそだったのか?

どんな人がそだてたのか?

そんなことを想像してみることで、

いつも食べるお米に一味加わるのかなと思います。

 

疲れた思考と心をクリアにしませんか?
オンラインカウンセリング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次