麦わらあつめ

先日、この季節の風物詩の

”麦わらあつめ”をしました。


ファームがある地区の一部では、

田んぼに、夏秋に米を育て、

冬春に麦を栽培する2毛作をしており、

今年も麦の収穫時期になりました。

実った麦は、コンバインで収穫をされ、

藁は粉砕されて畑にすき込まれるのが一般的ですが、

ファームでは、麦農家さんと調整をして、

藁を残してもらい回収をさせてもらいます。

福祉会の仲間たちと一緒に、

畑に排出された藁の数カ所に集めていき、

軽トラックにどんどん積んでいきます。

かなりの量の藁がでるので、

1回で沢山の量を運べるように、

崩れないように積んでいきます。

荷台に山となった藁は、

ロープでしっかりと固定をして

慎重にファームまで運んでいきます。

麦わらが集め終わった畑は、

すぐに水がはられて、

田んぼへと変わっていきます。


2毛作は大地を余すとこなく活用しています。

 

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG