人を動かす

11みなさん、こんにちは。

心理カウンセリング空の関口です。

今日は私のお奨めの1冊をご紹介します。

最近本屋さんに行くと、人を思いどおりに動かすテクニックとか、相手にYesと言わせる心理術など、テクニックで人を動かそうとしたり、人の心を操作するような本が売られています。でも、私はテクニックで人を動かそうすればするほど、人間関係の悩みは多くなると思います。なぜならば、人間関係の悩みの多くは、相手にあるのではなく自分の見え方にあるからです。それなのに、自分の見え方を疑うこともなく、小手先のテクニックだけを覚えも一時的な効果があったとしても、その人間関係は長続きはしないものです。

今日ご紹介するDカーネギーの「人を動かす」は人間関係においてシンプルだけでとても重要なことが書かれており、人間関係に悩んでしまったときにはとても参考になる本です。今日は少しだけ本に書かれている内容をご紹介します。

 

相手を変えるのではなく自分のあり方を変える

相手を変えるのではなく自分の振るまい方を変える

~人を動かすより引用~

「人を動かす」という本のタイトルですが、本には、人間関係においる自分自身のあり方が書かれています。人はなぜ人間関係に悩むのでしょうか。それは、”自分の思いどおりにならない相手がいる”からです。だから、最近はテクニックを使って、自分の思いどおりにならない相手を思いどおりに操ろうとしますが、その前によく考えてみてください。

他人のことに関心を持たない人は苦悩の人生を歩まなければならず、他人に対しても大きな迷惑をかける。人間関係のあらゆる失敗は、そういう人達の間で生まれれる。

~人を動かすより引用~

もし、自分が相手との人間関係に悩んでいるとき、相手がテクニックを使って自分のことを操作しようとしてきたら、みなさんはどんな気分になりますか?きっと嫌な気持ちになり、もう相手のことを信じることが出来なくなるのではないでしょうか。結局、テクニックで人を動すことは、”自分の思い”だけを考えて、”相手の思い”を理解しようとしないのです。だから、いつもまでも人間関係の悩みが続いてしまうのです。

他人の欠点を指摘するよりも、自分の改める方がよほど得である。

~人を動かすより引用~

テクニックを使って相手を変えようとするよりも、自分自身のあり方を変えることの方が楽にいい結果をもたらすものです。では、どう自分のあり方を変えればいいのでしょうか?

まずは相手を理解することから

人間関係の悩みの根源は”自分の思いどおりになれない相手がいる”ということです。でも、これを相手の視点に切り替えると”自分の思いどおりにならないあなたがいる”ということにもなります。人間関係の悩みは”お互いがお互いの思いどおりになっていないことです。そして、この悩み解決する第1歩はどちらかが相手の思いを理解しようとすることからです。

みなさんは自分の思いが誰かにに理解されたとき、どんな気持ちになりますか?きっと嬉しい気持ち、安心する気持ちになるのではないでしょうか。もし、人間関係に悩んでいる時に、その相手が、あなたの思いを理解しようとしてくれたら、更に嬉しく感じるのではないでしょうか。

人にしてもらいたいことを人にしてあげればいい

~人を動かすより引用~

私達の心はどこかで自分のことをわかって認めてほしい、認めてもらうことで自己肯定感や安心感を得られると、自分の心はどこかで思っています。だから人間関係で大事なことは、まずはどちらが”相手のことを理解しよう”と思う心を持つことができるのか?ということです。

人は自分に関心を寄せてくれる人に関心を寄せるものである

~人を動かすより~

こちらから相手のことを理解しようという心をもつから、相手もこちらのことを理解しようという心が芽生えるのです。どんな人間関係においても”相手を理解する心を持つ”ことがコミュニケーションのスタートです。

まとめ

「相手を変えようとする前に相手を理解しよう。」これがカウンセリングを大原則です。いま色々なコミュニケーションスキルの本が売られていますが、どんなスキルも「相手のことを理解してみよう!」という自分の心に勝るスキルはありません。相手のすべてを理解することはできませんが、少しでもいいので相手のことを理解しようという心を自分が持つことができたなら、きっとこれからの人間関係は劇的に変っていくと思います。

「人を動かす」は自分の心のあり方をいろいろな角度で教えてくれる1冊です。

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG