トラとウマの作り方 その3

アライグマやハクビシンから作物を守るために張る

電柵は高さが約1mぐらいのものです。

 

でも、実は電柵の1mという高さは、

アライグマ、ハクビシンなのど野生動物の

身体能力では軽々跳越えられる高さです。

 

Real Tanuki
Real Tanuki / rumpleteaser

 

そのため、野生動物たちが電柵を跳越えないように、

電気で動物たちにトラウマを与えます。

 

野生動物たちが新しいフィールドに入るとき、

自分の安全を確保するために、

必ず鼻を使いながら探索行動をとります。

 

そして、その探索行動で目の前に障害物があっても、

障害物が安全と確認が出来れば、

彼らの身体能力で軽く跳越えてきます。

 

しかし、その逆に

探索行動で危険なことに遭遇すると、

彼らはそれ以上前には進もうとは思わない

行動特性をもっています。

 

電柵は、彼らの探査行動のときに、

電気でトラウマ(衝撃)を与える目的で使います。

そうすることで、動物たちは次回から

そのフィールドに侵入しようと、

電柵を跳越えようと思わなるのです。

 

障害を跳越えられる能力を持っていたとしても。

 

続きをまた書きます。

心理カウンセリング空のバナー

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。

その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。

悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。

心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

>心 軽くなるカウンセリング

心 軽くなるカウンセリング

私たちは、悩みを抱えると心が狭くなり、考え方もマイナス傾向になってしまい、やる気も失せてしまう。
その状態で「どうにかしよう」と無理に考えても、不安なことやマイナスことばかりを考えてしまい、具体的な解決策を見つけることがむずかしい。
悩みをどうにかしようとする前に、まずは心と思考の整理をして気持ちを軽くすることが、はじめの1歩。
心理カウンセリング空では、会話をとおして心と思考を整理し再び前向きな気持ちと考え方になるように、あなたの心のサポートします。

CTR IMG